ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

小説に学ぶ相続争い『女系家族』④――相続をひっかきまわす迷惑な人々の介入をどう防ぐか(1/3ページ)

谷口 亨谷口 亨

2021/10/21

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

『白い巨塔』や『沈まぬ太陽』など、鋭い社会派小説を数多く世に残した山﨑豊子。『女系家族』は、四代続いた大阪・船場の老舗の問屋「矢島商店」で巻き起こる遺産相続のトラブルを題材とした小説です。初版が刊行されたのは、いまから50年以上も前で、これまでに若尾文子主演の映画や米倉涼子主演のテレビドラマなども制作されています。

小説で描かれる相続争いは、女系家族に婿養子に入った「四代目・矢島嘉蔵(よしぞう)」の長女・藤代、次女・千寿、三女・雛子の3人娘に遺した遺言状に端を発した3人娘の相続をめぐる確執。その彼女たちを取り巻く何やら下心を持つやっかいな人たち、嘉蔵のお妾さんも登場し、いかに他者に比べ自らが多くの財産を手にするか、欲望剥き出しの人間模様が展開されます。

この女系家族・矢島家で起こった相続争いの原因を検証しながら、トラブルが起きない相続の方法を探ります。

◆◆◆

相続をスムーズにさせない「自分が損しているかも」という思い

婿養子だった嘉蔵さんは、藤代さん、千寿さん、雛子さんの3人娘にほぼ平等に財産が分配されるよう、遺言状を遺していました。しかし、一部の土地や建物、山林などを共同相続財産として、

<……相続人全員で協議の上、分割すること>

としてしまいました。

分配方法を相続人たちに任された共同相続財産は、この小説に限らず、相続の現場ではもめごとの原因になりがちです。そもそもこの小説では、長女の藤代さんは自分が相続する不動産の評価額を気にしています。口では「自分の相続分が少ない」としてはいますが、根底にあるのは、「総領娘として、それなりの財産を相続するべき」、というプライドによるやっかいな理由です。

藤代さんがこうした「少ないかも」という不平等感を出せば、千寿さんも雛子さんも、自分の相続分に損がないか、気になってきて当然です。

しかし、藤代さんを始め、千寿さんも雛子さんも、相続のことや資産の評価について詳しいはずがありません。そんなこともあってか、彼女たちの周りには、嘉蔵さんが遺した多くの資産のうちの幾ばくかを手にできないか、などといった思惑を持つ親戚縁者が登場します。そういった周囲の人たちが、相続人たちに余計な入れ知恵をすることで、さらに相続問題は複雑になっていきます。

相続に口出しする人々の思惑とは……

では、3人娘の周囲にどんな厄介人が登場し、彼らはどんな思惑を持っていたのか見ていきましょう。

まず、一度、他家へ嫁いだものの出戻ってきた総領娘、長女の藤代さんのケースです。

藤代さんは不動産を相続しました。それが、次女や三女の相続分と比較して、割合が少ないように感じているうえに、先ほど指摘したように「総領娘だから少しでも多く相続するべき」という思いを強く持っています。そのため藤代さんは相続財産の評価額が気になって仕方がありません。

そこで頼りにしたのが、踊りの師匠の梅村芳三郎さんです。

次ページ ▶︎ | 結局、芳三郎さんは“カネ目当て”の迷惑な人

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

弁護士

一橋大学法学部卒。1985年に弁護士資格取得。現在は新麹町法律事務所のパートナー弁護士として、家族問題、認知症、相続問題など幅広い分野を担当。2015年12月からNPO終活支援センター千葉の理事として活動を始めるとともに「家族信託」についての案件を多数手がけている。

ページのトップへ