ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
ペット共生住宅の効能

ゴミ部屋、住民トラブルを未然に防ぐ(1/3ページ)

山本 葉子

2020/02/27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

犬や猫などペットを飼育される方が増えています。しかし、ペットと暮らせるマンションやアパートの供給が追いついていないのが今の状態です。その一方で、賃貸住宅の空き室は増えており、だからこそ空室対策としてペット可住宅を積極的に取り組んでいけば、空室は減少し、ペットがきちんと飼育できる環境も整い、双方にとってよいはずなのですが……。

今回は実際のトラブル事例から、賃貸運営管理側(大家さんや不動産会社さん)が被害を回避する方法を考えてみたいと思います。

ターミナル駅から徒歩数分の好立地。ただ、大通りに面していて外からの音が少しうるさいのが少々難点ですが、隣にはコンビニがあって、目の前の通りを一本入ればご飯屋さんや雑貨屋さんなども豊富で周辺環境も整っています。建物自体の築年数はそこそこ経ってはいますが、週1回の巡回管理が行われ、きれいに管理されていました。

そんなお部屋に住む若い男性と思われる方から
「うちの猫が急に凶暴になって困っている。どうしたら治るか?」
と、相談の電話がかかってきました。これだけの言葉を発するのにかなりの時間がかかり、かつ何だか怒っているような声。相談の電話を受けた際には短い質問を挟みながら、状況を聞いていきます。
この方の場合も、質問をしながら状況を把握していきました。
その話によると、同居している彼女も家に戻れないくらい猫からの攻撃があるとのことでした。
「いつからですか?」
「1ヶ月かそこら前から」
「オスですかメスですか?」
「メス」
「不妊手術はしていますか?」
「え、なにそれ?」
季節は春です。猫たちの恋のシーズン。発情とともに行動が変わる時期で、攻撃性が出ることもあります。なので、まずそれを伝えました。

「どうしたら治んの?」
「まずは手術をした方がいいと思います」
「そしたらおとなしくなる?」
「その可能性はあります」
「他に原因があったら?」
「まずは原因と思われることを一つずつ解決していって……」
「病院かぁ、行ったことないんだよね。お金かかるよねー?」
困っているのは確かなのですが、問題を解決したいのかしたくないのか、なかなか行動に移りそうにありません。
同じ話を嫌みに聞こえないように(大事なテクニックです!)言い方を変えたり例え話を出したりしながら数回繰り返し、
「原因かもしれないことを、まず一つ取り除きましょうよ」
と説得してみましたが、よい返事が返ってきません。埒があかないと思いながらあきらめ気味に「私どもの団体の病院で、あまり高くない避妊手術が出来ます。このまま生活に支障が出続けると、費用がかさみませんか?」と言った途端に
「そっか……。うん、そうかも!」
のってきてくれました。

次ページ ▶︎ | ビールの空き缶で埋め尽くされた部屋の中 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

NPO法人東京キャットガーディアン 代表

東京都生まれ。2008年猫カフェスペースを設けた開放型シェルター(保護猫カフェ)を立ち上げ、2019年末までに7000頭以上の猫を里親に譲渡。住民が猫の預かりボランティアをする「猫付きマンション」「猫付きシェアハウス」を考案。「足りないのは愛情ではなくシステム」をモットーに保護猫活動を行っている。

ページのトップへ