ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

離れた親の急な入院――知っておきたいお金、準備、日頃の備えとは? (1/3ページ)

Kanausha Picks

2021/08/31

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎tatunami・123RF

入院の知らせは突然やってくる

全国の新型コロナ感染者数が2万5000人を超える日も当たり前となった日本。病床のひっ迫が叫ばれているなか、ベッドが足りず、医療崩壊が危惧されている。

ところが、経済開発協力機構(OECD)の調査によれば、米国は1000人あたりの病床数が2.9床、欧州では2.5床に対して、日本は13.0床と、実に4倍以上の病床数になっている。それでも入院ベッド数が足りないのは、新型コロナは、ICU(集中治療室)や医師、看護師の人出不足も絡んでいることがある。

こうした新型コロナも心配だが、それ以上に夏場は熱中症で救急搬送される人も多い。消防庁によれば、今年(2021年)の7月、熱中症によって救急搬送されたのは2万1372人で、56.7%が高齢者だ。そのうち入院診療が必要な人は7425人、重症の患者は546人だった。

熱中症による緊急搬送人員 年齢区分別(構成比)


出典/消防庁「令和3年7月の熱中症による救急搬送状況の概要」

新型コロナに限らず、どのタイミングで、家族が緊急入院するか分からない昨今、入院にかかわるお金の問題は誰にでも関係する。突然の入院で一番困るのは、離れて暮らしている親、なかでも一人暮らしの高齢の親が倒れたという場合だ。

80代の一人暮らしの母親と離れて暮らす50代の男性Aさんの体験。

「7月の終わり、暑い中、買い物へ出かけて帰ってきたところで頭が痛くなり、高熱が出たことから自分で119番通報したということでした」

と話すAさん。しかし、母親の住む実家には緊急連絡先など明確になっておらず、なんとかAさんの連絡先を見つけた救急隊員から連絡があっという。

「救急隊員の方からは『緊急連絡先が見つからず困った』と言われました。そして、矢継ぎ早に『持病はありますか?』『普段から飲んでいる薬はありますか?』と質問されたのですが、すぐに答えられず、困ってしまいました」(Aさん)

日頃、親と連絡は取り合っていたものの、大事なことは聞いていなかったとAさんは反省しきりだ。

次ページ ▶︎ | 一人暮らしでも困らない入院の「備え」

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

記者・ライター集団

政治、経済、ビジネス、マネーなどさまざまなジャンルを取材、執筆活動を行っているフリージャーナリスト、ライター、カメラマンなどによる叶舎LLC.の取材チーム。

ページのトップへ