ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

身近な親族から孤独死、遠い親戚…遺品整理サービス、トラブル回避のポイント(1/3ページ)

Kanausha Picks

2021/07/28

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎takasuu・123RF

夏の暑さ――新型コロナで増える孤独死

夏は遺品整理サービスの依頼が増える季節だという。とくにコロナ禍によって孤独死が増えていると遺品整理業者はこう話す。

「これまでも夏は暑さで亡くなる方が多い季節ですが、新型コロナによる外出自粛や人と接することを避けるようにといわれているため家族やヘルパーが定期的にやってこず、急に自宅で倒れたまま亡くなって発見が遅れる事例もたくさんあるのです」

しかも、夏の暑さは遺体の傷みを早くする。

「孤独死では、遺体はそのままになってしまうので2~3日もしないうちに腐敗が進み、室内の異臭もきつくなります。孤独死で自分の家族が亡くなったり、夫婦二人暮らしで一方が亡くなった場所で遺品整理をする悲しみに耐えられない人もいます。だから、7月から9月にかけて、月に100~200件以上の遺品整理を行う年もあって、忙しくなりますね」(前出)

内閣府の「平成30年版高齢社会白書(全体版)」によると、65歳以上の世帯は、2416万5000世帯。平成27年の統計では、男性の一人暮らしは、約192万人、女性は約400万人だ。

夫婦のみの世帯や独居の高齢者は、夏バテなど体力の低下するこの季節に万が一の事態が起こらないと言い切れない。新型コロナワクチンの接種が進んだとはいえ、高齢者ともなると、コロナの重症化リスクも高く、まだまだ安心できない。

加えて、真夏は自宅や外出先で、熱中症にかかって命を落とす人も少なくない。

厚生労働省の「人口動態統計」を見ると、平成30年における熱中症の死者は、1581人。うち、65歳以上の高齢者は1288名で、実に8割以上がお年寄りだ。

また、気温30度を超える猛暑の最中、遺品整理をするにしても体力的に厳しい。多少の費用を支払ってでも、業者へ依頼するほうが、肉体的にも精神的にもメリットがある。

料金の目安は、部屋の間取りや作業員の人数にもよるが、3万円程度から30、40万円以上にも及ぶ。

次ページ ▶︎ | タンスには現金や株券が眠っていることも!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

記者・ライター集団

政治、経済、ビジネス、マネーなどさまざまなジャンルを取材、執筆活動を行っているフリージャーナリスト、ライター、カメラマンなどによる叶舎LLC.の取材チーム。

ページのトップへ