賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

恐怖の一人暮らしトラブル! もしもトイレに閉じ込められたら(1/2ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

 

 

こんにちは、ながれだあかねです。もしトイレに入っていて、突然ドアが開かなくなったら怖いですよね。しかも一人暮らしだったら……。あなたはどうしますか!? 今回は、もしトイレやお風呂に閉じ込められた場合の対応や対策についてご紹介します。

目次▼

❶恐怖の一人暮らしトラブル! もしもトイレに閉じ込められたら

❷トイレに閉じ込められないために

 

 

❶恐怖の一人暮らしトラブル! もしもトイレに閉じ込められたら

 

こんな場所に閉じ込められたら危ない!

トイレやお風呂に注意!

・集合住宅のトイレや風呂場には窓がないことも多く、周りに助けを呼びづらい。

・トイレや風呂場には工具などもなく、扉を開けるなどの手段が取りづらい。

・トイレや風呂場には水はあるが、食料や冷暖房器具などもないので、夏場や冬場に閉じ込められたら危険。

 

閉じ込められる原因は?

・ドアノブの故障(例:ドアノブを回してもラッチが引っ込まず、ドアが開かなくなる)

 ・倒れた荷物や棚などがドアを塞いで閉じ込められる

 

 もしトイレに閉じ込められたら…… 

1.トイレットペーパーの芯を広げる

2.扉の隙間に差し込む

3.ラッチ部分までグイっと押し込む

4.ラッチ部分が紙に押されて引っ込めばドアが開く

 

我が家のトイレで実験してみると……

我が家のトイレットペーパーの芯が柔らかすぎるのか、時間がかかりましたがなんとかドアを開けることに成功。もっといい方法はないかと思い、使っていない洋服屋さんの会員カードを隙間に差し込んでみたら、すぐに扉が開きました! カードの方が滑りもよくて隙間に入れるのも簡単です。

 →トイレットペーパーの芯でも代用できるが、できれば使っていないカードなどをトイレに一枚用意しておくのがオススメ!

 

次ページ ▶︎ | トイレに閉じ込められないために  

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!