賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

自分好みの家具を作ってリラックス空間を充実させよう

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
DIY

家具というのは、人それぞれで使い方や必要とするものが異なります。同じ棚であっても身長や用途によって、もう少し低く、もう少し高くといった希望があるものです。そのほんとちょっとの違いで、使い勝手がガラリと変わってしまいます。

自分にあった家具を探しに大きな家具屋や家具センターを何軒もまわったことがあるという人は多いでしょう。そこでお手頃で自分の好みにあった家具が見つかればよいのですが、見つからなかったという経験をした人は少なくないでしょう。また、自分好みの家具を見つけたものの、高価格でとても手がでないといった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

棚ひとつにしてもさまざまなものがありますが、自分の目的に沿った、自分好みの家具というのを見つけ出すことは難しいことです。ならばいっそ、自分で家具を作ることを考えてみてはどうでしょうか。自分好みの家具を自分で作り、リラックス空間である部屋の利便性を高めてみましょう。

まずは小さいものからトライ

自分で何かを作ったり、修理を行うDIYが注目される昨今、自分で好みの家具やインテリア製品を作る人が多くなってきています。しかし何事も失敗はつきものです。そのためDIYに挑戦するなら、まずは身の周りで必要な、欲しいと思っていた小さなものから作り始めてみましょう。

DIYには専用の工具も必要になりますし、工具も本格的なものになると高価になります。また、作るものによって必要になる工具も異なりますから、観葉植物のプランターや小さな棚など、小さなものから作っていきましょう。だんだんと大きなものに挑戦して、それに併せて工具も揃えていった方がよいでしょう。最近は100円ショップでもDIY用の工具が取りそろえられており、入手しやすくなっています。初心者の頃は良い工具を持っていても使いこなすことが難しいため100円ショップなどを利用して安く工具を揃えてみましょう。

DIY教室を利用する

板と工具

DIYは小さなものに成功したら次は、テーブルやいすといった大物を作りたいと考えるようになる人も多いでしょう。しかしテーブルやイスとなれば作り方の知識もある程度必要になりますし、材料費も大きくなりますからできるだけ失敗せずに作りたいものです。そんなときは、ホームセンターやカルチャースクールなどで行われているDIY教室の利用を検討してみてはどうでしょうか。プロのアドバイスを聞きながら行えば、失敗や怪我も少なくテーブルやイスなど、さらに大きなものを作ることに挑戦することができます。教室によっては個人では用意することが難しい大型の電動ノコギリといった器材を利用できる教室もあります。そうした教室では大物に挑戦することができるでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!