賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

高知県(高知市) 四国遍路で出合った土佐の旨原石『明神丸』――職人が炭火と藁で焼き上げる土佐鰹を堪能

ねこやま大吉

2021/05/07

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

写真/ねこやま大吉

土佐輩出の偉人たち

JR高知駅南口のこうち旅広場に立つ「武市卓平太」「坂本龍馬」「中岡慎太郎」の土佐三志像。この銅像を見て、土佐は高知に来たと実感。

薩長同盟の締結や大政奉還など大きな功績を残した土佐が生んだ維新の英雄、坂本龍馬。坂本龍馬らと共に薩長同盟の斡旋に尽力する陸援隊隊長、中岡慎太郎。優れた剣術家であり、黒船来航以降の時勢の動揺を受け、攘夷と挙藩勤王を掲げ土佐勤王党を結成する武市卓平太。

幕末の日本を動かした偉人たちである。

歴史の詳細はまたにするも、ここでふと考えた。坂本龍馬はこの土佐で何を食べていたのであろう……。

一般的に龍馬の好物は「軍鶏鍋」と言われているようだが、文献が残っておらず真相は定かでない。一説によると京都近江屋でその有志と卓を囲む折り、近所によく鍋の材料を買い出しに行っていた姿が目撃されたからだとも言われている。

どちらにしてもこの土佐の国。太平洋黒潮を目の当たりにして海の幸を口にしない筈がないと本能に任せて歩き出す。

高知の「おまち」 帯屋町筋

城下町として商人のあつまる一帯が、築城の頃より形成。長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)が天正2(1574)年、土佐を統一した頃、大高坂山に築城を始め、山内氏入国の慶長6(1601)年頃から本格的に町づくりが始まる。この時期武家屋敷が集住している郭中(かちゅう)の中心地近くに商人たちの住む帯屋町がすでに存在し、この商店街の基になっている。確かに高知城城跡まで歩いて5分程度だろうか。現在はアーケードも整って雨風をしのげるそれではあるが、立ち並ぶビルなどがないため、きっと商店街のどこからでも高知城は見えるはずだ。

東西にのびる商店街を当時の風景と重ね合わせながら龍馬が食べたであろうそれを探す。

一本釣り『明神丸』が運ぶ土佐鰹

松明のように炎が舞っている。

その明かりに誘われ傍に寄れば職人が鰹を藁で焼いているではないか。

きっと龍馬も食べたであろう、この鰹を食べない理由はないと暖簾をくぐる。一本釣りは巻き網漁と違い効率もあまりよくない漁法だが、獲れた魚は傷がつかず、魚の鮮度も良く、また魚を獲り尽くさない乱獲を防ぐ漁法でもある。また鰹は、ビタミンB12 ・B6・ B2がたっぷり。タウリン・DHA・EPAも豊富で含有量は魚類の中でトップクラスを誇る、海が育んだ天然のサプリメントでもある。偉人には鰹なのだろうか……。

そんなことを思いながらメニューを見れば、どれも鰹が旨そうに踊っているが、ここは贅沢に「塩たたきと鰹の握り定食」をオーダーする。

鰹づくしである。

作り置きなどせず、注文してから藁で焼くので“間違いない”。たたきの塩は黒潮町の塩職人丹精込めて作る天日塩を使っている。地産にこだわり葱を始め薬味も地元のもの。さあ大海原に出ていく漁師の気持ちになって食べつくす。よく口にする鰹とはモノが違うことに気付く。血なまぐさくないのだ。

鮮度がいいのと血抜きが別物である。鰹本来の味が口の中一杯に広がっていく。薬味の大蒜など添える必要がなく、そのまま食べられる。

この握りは、鰹の臭みがないからできる一品である。鰹の旨味を感じるタイミングと口の中でシャリがほどけるそれが同じなのである。

エンジンで例えるならば、某日産の林義正設計RB直列縦6気筒DOHCエンジンといったところか。全ての機能がタイミングよく仕事をしてパワーを落とすことなく、欲しいところを絞り出すさまが似ているのである。

控えめに醤油につけたのが功を奏した。鰹の甘みとシャリの酢、薬味の葱が実にバランスよい。寿司屋でもなかなかここまでのものは出さないのではないかと感動する。

鰹の塩たたき。

店先の焼き場で職人が燃焼温度約千度と戦う一品。藁の火力は非常に強く、瞬時に鰹の表面をムラなく焼き上げる。藁が燃えるときに発生する煙や香りは、より一層風味を、素材の旨さを引きだしている。外側はカリっと香ばしく、中は生。太平洋の海で作った天日の塩とよく合う。切幅5ミリはあろう、この肉厚の切り身。箸をとめることなく頬張ってしまう。前述の握りとは違い、一切れ一切れ鰹の旨味が堪能できる。鰹の認識が変わるのは間違いない。人によって味覚は違うものだが、小生は鮪を食べているような感覚に襲われた。高知県民がこんな美味しい鰹をいつでも食べられると思うと羨ましい限りである。太平洋に面した土佐の国、高知県だからこそ味わえる逸品だ。

完食し、スタッフの方に、「お皿は洗う必要はないね」と笑顔で言われ、お茶を入れてもらいながら「坂本龍馬をはじめ、土佐輩出の偉人たちも鰹を食べていたのだろうか?」と再び想いを巡らす。

阿波の国から阿南海岸を南下し土佐の国へ。何百年と変わらぬ歴史を垣間見た気がした。

そろそろ高知駅から岡山行きの特急の時間になる。次の取材先に移動だ。

※帰京し文献が無い中、坂本龍馬の好物は何だったかをみれば、酒豪で故郷の味「鯖」だったのでないかと。刺身に柑橘をかけて食べるのが好きだったと言われている……やはり青魚だったか。

今回、取材途中室戸岬に立ち寄った。偉人達もこの海を見ながら志したに違いない。

今回お邪魔したおいしいお店:『明神丸 帯屋町店』
住所:高知県高知市帯屋町2-1-27
交通:土電『大橋通り』電停から徒歩5分

【ねこやま大吉のグルメ狩人】
東京都(台東区) 文明開化から続く老舗 浅草『すき焼 ちんや』で食する絶品肉
徳島県(徳島市) 阿波の国のブランド地鶏に舌鼓 『骨付き阿波尾鶏 一鴻』
東京都(中野区) こんな時代だからこそ、「ふく」にあやかる 昭和37年創業 中野の大衆酒場『第二力酒造』で河豚を食する
東京都(新宿区) 神楽坂の路地で見つけた至福のスペインバル 鮮度抜群の魚介とオリーブ油のマリアージュ『EL Pulpo』
東京都(港区) 白金に佇む古民家風の和牛料理屋 厳選された肉料理が愉しめる 『牛泥棒』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

編集者・ライター

長年出版業界に従事し、グルメからファッション、ペットまで幅広いジャンルの雑誌を手掛ける。全国地域活性事業の一環でご当地グルメを発掘中。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。現在、猫の快適部屋を目指し日々こつこつ猫部屋を制作中。

ページのトップへ

ウチコミ!