賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

引越し前に覚えておきたい手続き【クレジットカード編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
クレジットカード

引越しをする際に、クレジットカードの住所変更手続きはつい忘れてしまいがちなので注意が必要です。特に引越し前後には出費がかさむので、クレジットカードがとても役に立ちます。こういったときに、クレジットカードに使用制限がかけられてしまうのは困りますよね?クレジットカードの住所変更は、早めにやっておきましょう。

クレジットカードの住所変更手続き方法

クレジットカードの住所変更手続きは、インターネットや電話で簡単に行なうことができます。インターネットで手続きをする場合は、クレジットカード会社のマイページにログインしたら、あとは住所変更手続きのページで行っていくだけです。ただ、このときにクレジットカードの番号などを入力する必要があるため、入力時にはお持ちのパソコンのセキュリティの安全性に充分注意しましょう。電話で手続きをする場合は、口頭で新住所を伝えるだけで住所変更ができます。

ただ銀行一体型のクレジットカードを持っている場合や、結婚して名義人の名前が変わる場合など、状況によっては書類を提出しなければ住所変更ができないこともあります。その場合は住所変更手続きが完了するまでに期間を要することになるので、事前によく確認しておきましょう。用紙を使って住所変更手続きをする場合は、本人確認書類のコピーが必要となる場合が多いです。

住所変更をしなかったらどうなる?

鍵

引越しの準備が忙しくてクレジットカードの住所変更を忘れていた場合、さまざまなトラブルや不都合が発生してしまいます。たとえば登録住所が旧住所のままになっていると、クレジットカードの利用明細が以前の住所に送られてしまい、個人情報の流出やクレジットカードの不正利用へと繋がってしまう可能性があります。

さらに有効期限延長によって発行された新しいクレジットカードや重要な通知が本人不在でカード会社へと返送されることで、カード会社から利用制限をかけられてしまう可能性も低くありません。実際にクレジットカード会社から、住所を偽って不正に使っていたと認識されたために、ブラックリストに載ってしまったという例もあるくらいなので、気を付けるようにしましょう。

郵便物は転送届を出せば1年間転送してもらうことができますが、転送の対象となるのは請求書のみです。クレジットカードの入った封筒や重要通知書は転送届を出しても転送されません。引越し前には必ず住所変更手続きをしておきましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!