ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

環境アレルギー対策で、さらに健康増進! 第20回「掃除嫌いな人が部屋をきれいにする3つのコツ」(1/2ページ)

加藤 美奈子加藤 美奈子

2021/09/24

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎bee32・123RF

掃除は、皆さんが幼少のころからされている生活行動です。

掃除の場所には、家、学校、仕事場、集会場などあり、それぞれの立場で掃除の仕方などは変化します。掃除の利点には、清潔、快適、整理整頓、健康などがあります。今回の視点は主に「健康」に深く関わることをご説明いたします。

ダニが増える要因 カビに注意

人が一番長く居る部屋は、一般的にリビングと寝室です。掃除で見つけるほこりの成分は、繊維のクズの塊で、詳しく言うと、繊維、髪の毛、紙くず、土、皮膚のかけら、ふけ、あか、花粉、カビ、ダニの死骸、菌、ウイルスなどが付いています。この中でアレルギーの原因物質は、ダニの死骸とフンなどです。この量が増えるとアレルギー症状になりやすくなります。

次に、窓にも黒カビなどが付着しているものを見たことはありますか? 窓は、結露やほこりなどでカビが増殖します。カビの大きさは2㎛~10㎛です。目に見えるほどのカビの集落は相当な量と言えます。カビアレルギー患者の症状には鼻水、咳、くしゃみなどがあります。また、カビはダニの餌にもなり、ダニが増える要因になるためカビを減らすほうが体によいでしょう。


窓付近のカビに注意 イメージ/©︎daisydaisy・123RF

冬の窓の結露は、朝ごろ発生するため拭き取る必要があります。拭き取るのが嫌な方は、結露ができにくいペアガラスやトリプルガラスの樹脂サッシを設置したり、雨戸を閉めたり、サーキューターなどで室内を乾燥させ水蒸気を減らし、結露ができない工夫をしましょう。

次ページ ▶︎ | 掃除が苦手な人のための3つのコツ 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

春日井環境アレルギー対策センター 代表

子どもがアレルギー起因の喘息で入退院を繰り返した経験から、2011年にアレルギーをもつ子どもの育児をサポートする任意団体を設立。2018年、春日井環境アレルギー対策センターを設立し、健康住宅建築や既存建築物の空気質測定、室内空気環境品質検査認証などを中心に事業展開。アレルギー患者を一人でも減らすべく日々活動している。資格:看護師、環境アレルギーアドバイザー、シックハウス診断士

ページのトップへ