ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

島津家②――激動の幕末、明治~大正での存在感(1/3ページ)

菊地浩之菊地浩之

2020/12/15

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

島津斉彬/Nariakira_Shimazu.jpg: published by 東洋文化協會 (The Eastern Culture Association)derivative work: Beao, Public domain, via Wikimedia Commons

島津家①――「九州最強の軍団」秀吉・家康に敗れながらも幕末の雄藩になった理由

「お由羅騒動」と島津斉彬の藩主就任

薩摩藩が幕末維新の日本を動かす原動力になったのは、11代薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)の存在が大きい。

斉彬は島津斉興の嫡男として生まれ、幼少より英名の誉れ高く、早期の藩主就任を望む声が多かったが、斉彬が40歳を過ぎても、父・斉興は一向に家督を譲る気配を見せず、側室・お由羅(ゆら)の子である島津久光(ひさみつ)を引き立てようとする始末。薩摩藩家臣は、英邁な斉彬の擁立を望む「斉彬派」と、曾祖父・島津重豪に似た斉彬では藩政を混乱させかねないと危惧する「久光派」に二分された。

結局、「斉彬派」が弾圧され、家老・島津久武をはじめ50人余りを切腹、遠島、謹慎などの処分とした。この事件は俗に「お由羅騒動」と呼ばれている。しかし、老中・阿部正弘らの斉彬シンパの大名は、「お由羅騒動」を逆手にとって、御家騒動を抑えられなかった斉興に隠居を勧告。島津斉彬の藩主就任が実現する。

斉彬は藩政改革を断行して殖産興業と富国強兵に努め、その担い手として西郷隆盛や大久保利通ら有能な下級藩士を抜擢した。また、西洋技術を積極的に導入して反射炉や硝子(ガラス)製作所、陶器製造所、造船所などの近代的洋式工場群を薩摩磯(鹿児島市)に建設。これら工場群を「集成館(しゅうせいかん)」と命名した。斉彬の施策は、薩摩藩を国内きっての雄藩に仕立て上げたのだ。

そして、養女・篤姫を13代将軍・徳川家定に輿入れすることにも成功する。

150年前の縁――篤姫の将軍家への輿入れ

NHK大河ドラマ『篤姫』(2008年放送)の主人公で有名な篤姫が、1856(安政3)年に島津家から13代将軍・徳川家定に輿入れした。その契機は実に150年前まで遡る。

5代将軍・徳川綱吉は側室(大典待[おおすけ]の局)の姪・竹姫を養女としていたが、婚約者が死去するなどで、竹姫の縁談はなかなかまとまらなかった。結局、竹姫は8代将軍・徳川吉宗の養女として、5代藩主・島津継豊(つぐとよ)に輿入れした。

竹姫は8代藩主・島津重豪(しげひで)に女子が生まれたら徳川家に輿入れさせてほしいと遺言した。重豪は早くに両親を亡くし、義理の祖母・竹姫に育てられた秘蔵っ子だったのだ。竹姫の死の翌年、島津重豪に3女・お篤(のちの茂姫、寔子[ただこ])が生まれ、同年に一橋徳川治済(はるさだ/一橋家初代当主・宗尹の継嗣)に長男・豊千代が生まれ、幕府から豊千代・お篤の縁談が命じられた。

ここで思いがけない事態となる。

10代将軍・徳川家治の嫡男である徳川家基(いえもと)が18歳の若さで頓死し、豊千代が次期(11代)将軍候補に選ばれたのだ。豊千代は一橋屋敷から江戸城本丸に入り、徳川家斉(いえなり)と名を改めた。これにともない、お篤も茂姫と名を改め、江戸城本丸に引き取られ将軍家正室となる。

家斉の孫・13代将軍・徳川家定は2人の正室を相次いで亡くし、祖父・家斉が長命で子だくさんだった先例にあやかり、家斉に倣って島津家から継室を迎えたいと考えた。かくして1850年、大奥から薩摩藩家老に「島津斉彬に年頃の娘か、未婚の姉妹はいるか」との問い合わせがあった。斉彬は分家・今和泉島津家の島津忠剛(ただたけ)の長女、一子(かつこ)を養女に迎えていたので、実子として届け出、近衛家の養女として家定のもとに輿入れ。茂姫の通称「お篤」にあやかって篤姫(あつひめ、敬子[すみこ])と改名した。

次ページ ▶︎ | 斉彬の死去、実権を握った久光 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

1963年北海道生まれ。国学院大学経済学部を卒業後、ソフトウェア会社に入社。勤務の傍ら、論文・著作を発表。専門は企業集団、企業系列の研究。2005-06年、明治学院大学経済学部非常勤講師を兼務。06年、国学院大学博士(経済学)号を取得。著書に『最新版 日本の15大財閥』『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』『徳川家臣団の謎』『織田家臣団の謎』(いずれも角川書店)『図ですぐわかる! 日本100大企業の系譜』(メディアファクトリー新書)など多数。

ページのトップへ