ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』をより楽しむ 

北条氏――源頼朝とともに鎌倉幕府をつくり、支えた一族の系譜 (1/2ページ)

菊地浩之菊地浩之

2022/01/09

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

源頼朝/Public domain, via Wikimedia Commons

そもそも北条氏とはどんな家だったのか?

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は本日9日(G:20時〜、BS4K・BSP:18時〜)よりスタート。鎌倉殿こと源頼朝(演:大泉洋)を巡る13人を描くドラマで、主人公は、鎌倉幕府の2代目執権・北条義時(演:小栗旬)だ。


『鎌倉殿の13人』メインビジュアル/©︎NHK

そこで、ここでは「北条氏って何だっけ?」の復習をしてみたい。

こういうときはウィキペディアが便利なのだが、電子媒体の長所でもあり、短所で……とにかく長い。そこで、角川書店(現・KADOKAWA)『日本史辞典』(1966年発行)の一文を転記しておこう。同書では「北条氏」の項に①「鎌倉の北条氏」と、②「小田原の北条氏」を載せ、前者の「鎌倉の北条氏」について以下のように記している(一部漢字化した)。

桓武平氏の分流。貞盛の子孫時家が伊豆介になり、伊豆北条に住み北条氏を称した。
時政の代、源頼朝の舅として幕府創設に功があり、執権として幕政を掌握した。続いて子義時、孫泰時の代に頼朝創業以来の有力御家人の勢力を次々に倒し、承久の乱などの難局を巧みに処理して幕府権力を確立。源氏の正統が断絶したのちは、いわゆる執権政治をしいて専制体制を整えた。
以後一族族の名越・江間・赤橋・金沢・大仏・佐介・桜田などの諸家を、連署、六波羅・鎮西探題、評定衆、諸国守護に配し、御家人を続率して1世紀半に及ぶ幕府政治を維持したが、1333(元弘3・正慶2)元弘の乱で滅亡。

実は怪しい系譜?――その理由とは?

ここで一つずつ解説を加えておこう。

北条氏は平貞盛の子孫を称している。貞盛の子・平維将(これまさ)の孫に平直方(なおかた)がおり、その子孫だという。ちなみに維将の兄・平維衡(これひら)の子孫に平清盛(演:松平健)がいる。

近年の研究では、平氏でももっと本流(清盛側)に近い人物が、直方の子孫の婿養子になったとする説も出ているが、筆者は平氏の子孫というのはウソ、偽系図だと思っている。

北条氏の系図には異説もあるが、必ず北条時方・時家が出てくることで一致している。

時方の子に時家がおり、時政(演:坂東彌十郎)はその子か、もしくは弟という関係になっている。北条氏が平直方の子孫を名乗るのは、直方の娘が源頼義に嫁いで、源義家を生んでいるからだ。その構図は、時政の娘・政子(演:小池栄子)が源頼朝に嫁いで頼家(演:金子大地)を生んでいることと符合する。先祖の直方が源氏の外戚だから、北条氏が源氏の外戚になることは必然なんですよ――と言いたいわけだ。

そう考えていくと、北条時方・時家という名前が、平直方・源義家から創出された偽名であることが分かる。つまり、北条時政は、父の名前も不確かな小領主だったといえよう。

北条氏は伊豆国田方(たがた)郡北条(静岡県伊豆の国市)を発祥とする。

鎌倉幕府の有力御家人である伊東・宇佐美(うさみ)・狩野(かのう)氏も田方郡を在地としており、天野・仁田(にった)は北条の地にほど近い。

『北条義時――これ運命の縮まるべき端か』(ミネルヴァ書房刊)の著者・岡田清一氏は「このように隣接して多くの武士が存在することは、当然のことながら、それぞれの支配領域が狭いということを示している」「伊豆国を代表できるほどの『大名』ではなく、しかも名字の地でもある『北条』周辺には、多くの武士が存在したのであり、極めて限られた地域を支配する領主でしかない」と指摘している。

次ページ ▶︎ | 実に日本的なシステムだった北条氏の「得宗家」 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

1963年北海道生まれ。国学院大学経済学部を卒業後、ソフトウェア会社に入社。勤務の傍ら、論文・著作を発表。専門は企業集団、企業系列の研究。2005-06年、明治学院大学経済学部非常勤講師を兼務。06年、国学院大学博士(経済学)号を取得。著書に『最新版 日本の15大財閥』『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』『徳川家臣団の謎』『織田家臣団の謎』(いずれも角川書店)『図ですぐわかる! 日本100大企業の系譜』(メディアファクトリー新書)など多数。

ページのトップへ