ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

【セカンドライフを愉しむ】神社仏閣から祇園まで、京都の節分は伝統行事を身近に感じるワンダーランド(1/2ページ)

奥村 彰太郎奥村 彰太郎

2021/02/09

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

写真/奥村 彰太郎

125年ぶり 今年の節分は2月2日

節分は立春の前日で旧暦の大晦日に当たる日。例年は2月3日だが、今年は124年ぶりに2日が節分だった。古代中国で大晦日に行われた邪気払いの行事が日本に伝わり、平安時代の宮中で厄を祓い清める行事となり、その後「豆撒き」として庶民に広まったとのこと。

京都は伝統的な節分行事が盛んだ。

御所の四方の表鬼門にあたる北東の「吉田神社」、南東の「八坂神社」、裏鬼門にあたる南西の「壬生寺(みぶでら)」、そして北西の「北野天満宮」の4つの神社仏閣をお参りする「四方(よも)参り」という風習が残っている。

今年はコロナ禍で「豆撒き」など多人数が集まる節分行事がすべて中止になったが、疫病を目がけて豆を撒き悪霊退散を願いたいところだが残念だ。

今回は京都で、これまで見てきた節分行事を紹介したい。

神楽のような吉田神社の節分祭

吉田神社の節分祭は室町時代から続く伝統行事。参道には多くの露店が並び参拝客で賑う。

節分祭の間だけ授与される魔除けのご利益が得られるという梔子(くちなし)色のお札を求めて参拝に来られる。また、協賛各社の賞品が当たる「抽選券付き厄除福豆」が販売され、参拝者の楽しみのひとつになっている。

夜になると神社の舞殿の周りで追儺(ついな)式が行われる。豆撒きではなく神事として鬼を追い払う儀式だ。松明の炎に照らされて、青鬼、赤鬼、黄鬼の三匹の鬼が登場。

方相氏(ほうそうし)と呼ばれる役目の呪師が、黄金の四つ目の仮面をかぶり、黒い衣に朱の裳(も)という腰巻を着け、大音声を発して矛と盾で鬼を追い払う。


吉田神社 矛と盾を持つ方相氏

まるで神楽のような追儺の儀式に、古の人々の厄除けを願う思いが感じられた。

舞妓さんの踊りも楽しめる八坂神社の節分祭

八坂神社では「祇園さんの節分祭」として親しまれている。花街の舞妓さんの「奉納舞踊」と「豆撒き」が行われ、舞妓さんたちが舞殿で舞を披露したあと、男衆と一緒に豆撒きが行われる。


八坂神社節分祭

舞妓さんの華やかな舞台だけに多くの見物人やカメラマンでごった返し、豆をキャッチするのは至難の業だ。残念ながら私は撒かれた豆を取ることができず、境内で福豆を購入、福引券が付いていて景品として日本酒が当たった。

次ページ ▶︎ | 豆撒きの演出も面白い盧山寺の節分会 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

ファイナンシャル・プランナー&キャリア・カウンセラー

1953年東京生まれ、東京都立大学卒業、株式会社リクルートに入社。進学や住宅の情報誌の営業や企画・人事・総務などの管理職を務め、1995年マネー情報誌『あるじゃん』を創刊。発行人を務めた後、2004 年 ファイナンシャル・プランナー&キャリア・カウンセラーの資格を活かし、“キャリアとお金”のアドバイザーとして独立。企業研修の講師や個別相談を中心に活動中。大学の非常勤講師も務める。東京と京都のデュアルライフを実践中。

ページのトップへ