ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

阿部家――江戸幕府老中を多々輩出した名門のはじまりと維新の生き残り(1/3ページ)

菊地浩之

2021/09/19

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

阿部正弘/published by 東洋文化協會 (The Eastern Culture Association), Public domain, via Wikimedia Commons

26歳で幕閣トップになれた理由

NHK大河ドラマ『青天を衝け』にも出てきた老中・阿部正弘(演:大谷亮平)。

1840年に21歳(満年齢)で寺社奉行に任じられ、大奥の女中数人が僧侶と密通した事件を隠密裏に解決したことで、12代将軍・徳川家慶(演:吉幾三)に評価された。1843年に24歳で老中に就任。天保の改革の失敗で失脚していた水野忠邦の老中首座復帰に猛反対して罷免に追い込み、1845年に26歳の若さで老中首座となった。当時は大老が置かれていなかったので、老中首座は幕閣のトップ。今でいう総理大臣である。

正弘は諸大名と積極的に交流を行い、川路聖謨(かわじ・としあきら/演:平田満)などの人材を登用した。1853年にペリーが浦賀に来航すると、開国を決意し、諸大名から広く意見を求め、朝廷にも意見を伺うなど国論統一に腐心、翌1854年日米和親条約を締結した。1857年にわずか38歳で急死した。

正弘がわずか24歳で老中に登用されたのは、彼自身が有能だったからにほかならないが、歴代当主が老中を歴任した阿部家出身であったことも大きい。

家康の祖父の時代から仕えていた阿部家

阿部家は家康の祖父・清康(きよやす)の時代から徳川(旧・松平)家に仕えた家柄で、現在の愛知県岡崎市小針町に居を構えていたという。

清康が生まれた松平家は安城市近郊を治めていたが、清康は一代で三河全土を制圧して岡崎城を居城に定め、隣国尾張の守山(名古屋市守山区)にも攻め入った。清康の家臣・阿部大蔵(おおくら)は、反清康派と疑われ、自分がもし成敗されたら免罪を雪(すす)いでくれるように、息子・弥九郎に伝えていた。陣中で馬が暴れたとき、弥九郎は父・大蔵が討たれたと勘違いして、清康を刺殺してしまう(守山崩れ)。

次ページ ▶︎ | 奉行人筆頭として権力を得た阿部大蔵 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

1963年北海道生まれ。国学院大学経済学部を卒業後、ソフトウェア会社に入社。勤務の傍ら、論文・著作を発表。専門は企業集団、企業系列の研究。2005-06年、明治学院大学経済学部非常勤講師を兼務。06年、国学院大学博士(経済学)号を取得。著書に『最新版 日本の15大財閥』『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』『徳川家臣団の謎』『織田家臣団の謎』(いずれも角川書店)『図ですぐわかる! 日本100大企業の系譜』(メディアファクトリー新書)など多数。

ページのトップへ