ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

井伊家――家祖登場は平安時代、伝説の多い譜代大名筆頭の名門(1/3ページ)

菊地浩之菊地浩之

2021/08/08

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

井伊家ゆかりの彦根城/©︎NT(城・城跡愛好家)

井伊直弼が大老になれた理由

NHK大河ドラマ『青天を衝け』ではすでに出番を終えた井伊直弼(なおすけ/演:岸谷五朗)だが、幕末期において、幕閣の中でも最も有名な人物の一人である。

Ii Naosuke
井伊直弼像 狩野永岳筆 彦根城博物館蔵 万延元年(1860年)

直弼は江戸幕府で大老に任じられ、将軍継嗣問題では13代将軍・徳川家定(演:渡辺大知)の意を汲んで、紀伊藩主・徳川慶福(のちの家茂/演:磯村勇斗)を14代将軍に据え、日米修好通商条約を締結。横浜を開港。反対派を安政の大獄で弾圧し、桜田門外の変で暗殺される。

ドラマでは軽く見られがちな老中も、江戸時代はかなり権威のある役職だったらしい。その上の大老ともなると、もう事実上の「王様」状態である。直弼が大老に就任できたのは、本人の人格見識もさることながら、譜代筆頭の名門・井伊家の生まれだったからである。

家祖誕生にまつわる伝説

井伊家は11世紀初頭から遠江国引佐郡井伊谷(とおとうみのくに・いなさぐん・いいのや/静岡県浜松市北区)を治めていた。主君の徳川家よりも歴史ある名門家系である。

井伊家については2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公・井伊直虎(演:柴咲コウ)の実家としても有名である。

『おんな城主 直虎』ではしばしば井戸に集まる場面が出てきた。

井伊家の家祖・井伊共保(ともやす/1010~1093)は八幡宮の井戸で発見され、井伊家の養子になったという伝説があるからだ。「共保」という名前は「井伊」という字に似ており、想像上の人物であろう。井戸で拾われたという逸話も「井伊」を想起させる。

南北朝時代、井伊家は南朝につき、北朝側の今川家に攻められ、自重を余儀なくされた。さらに戦国時代に駿河守護・今川氏親(義元の父)が遠江を侵略すると、井伊家は敗退。再び雌伏の時代を迎える。

次ページ ▶︎ | 直虎は「おんな城主」 ではなかった

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

1963年北海道生まれ。国学院大学経済学部を卒業後、ソフトウェア会社に入社。勤務の傍ら、論文・著作を発表。専門は企業集団、企業系列の研究。2005-06年、明治学院大学経済学部非常勤講師を兼務。06年、国学院大学博士(経済学)号を取得。著書に『最新版 日本の15大財閥』『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』『徳川家臣団の謎』『織田家臣団の謎』(いずれも角川書店)『図ですぐわかる! 日本100大企業の系譜』(メディアファクトリー新書)など多数。

ページのトップへ