賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

BOOK Review――この1冊 『不動産投資歴60年!  90歳女性現役大家の儲かる不動産投資術と物件管理の極意』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

『不動産投資歴60年!  90歳女性現役大家の儲かる不動産投資術と物件管理の極意』 篠﨑ミツ子 著/セルバ出版 刊/定価1500円+税   

印象的なタイトル通り本書は、90歳女性現役大家の篠崎ミツ子さんが60年間続けている大家術を網羅したもの。

90歳、現役というだけで、親から安定経営できる賃貸物件を相続したのではないか、家族経営なのではないか……とさまざまな想像を巡らせてしまう。しかし、親から相続したわけでもなく、現在娘2人も不動産投資をしているが、共同ではなくそれぞれ法人化せずに独立採算制でやっているそうだ。

不動産投資を始めたきっかけは、「家族で食べていくため」であったが、無理せず、苦労せず、面白がってやってきたから60年も続けてこれたという。そして、90歳の今も物件を買い増し、区分所有や戸建ても合わせて16棟100戸(2021年1月時点)ほど所有している。本当にまだまだ現役なのだ。

本書で一貫して語られている不動産投資の考え方は「楽に、無理をせず、苦労しない」である。それを、おばあちゃんが語りかけてくるように優しく、丁寧な語り口で綴られている。そんな暖かい雰囲気のなかに、いい管理会社の見つけ方や、金融機関との上手な付き合い方など「楽して稼ぐポイント」が満載だ。

始まりは著者の幼い頃からの話。土地や建物の売買に不動産免許が必要なかった昭和初期に遡る。

著者の父親は、真面目な性格で人に信用されていたことで、村の不動産の売買を任されていたそう。しかし、父親から不動産投資について教わったことはなく、始めた頃も見よう見まねだったという。ただ“父親は人から信頼され幸せそうだった”ということが記憶にあったそうだ。本書を読み進めると、この“人から信頼される”ことが、著者の「楽に、無理をせず、苦労しない」不動産投資の原点なのではないだろうかと思う。

信頼されるために、著者は当たり前のことを行う。借りたものは期限を守って返す。大家業で関わる人たちと仲良くする。

要は、相手のことを考え行動するといったことだ。短期間では成果が出なくても、60年間続けることで実感しているという。その実例が、本書の中でさまざまな実例として語られているが、印象的だったのは第4章「90歳でもらったお年玉」だ。金融機関が、90歳の著者が驚くほどの融資金額の提案をしてきたのだ。これは、昭和初期の話でもなく、平成も飛び越え、令和の話。人との信頼から得た“お年玉”は、90歳の著者にまだまだこの先続く楽しみと、元気も与えてくれる。

もちろん、不動産投資家である著者が考える、不動産投資をするうえでの具体的なノウハウ(いい物件情報を入手する工夫や、いい物件を見極めるポイント)や、管理会社に任せるとき・自主管理するときのポイント、銀行と上手に付き合うポイントなどもしっかり押さえられている。著者が体験してきた60年の時代の移り変わりも感じられ、即、取り入れられる実践法も見どころだ。

そして、不動産投資を長く続けられる秘訣「健康法」の章もとても面白い。

著者は90歳だが、よく目も見えるし、耳も聞こえる。ここ6年くらいは風邪も引かず、見た目は70代に見られるそうだ。よくある健康法の本を読むより、実際に継続して行った結果なのでとても説得力がある。読者も自分はまだまだ若いから関係ない……ではなく、著者もいう「継続」が重要。いつから始めたって構わないはずだ。長く元気に楽しく生きるために読んでおいて損はない。

高齢になれば、息子や娘に相続し代替わりをするオーナーが多いなかで、著者が90歳まで現役であり続ける理由は「不動産投資は楽しいし面白い」からだという。毎月お金がポンと入ってくることが嬉しくやめられないそうだ。そして、生きる楽しさを不動産投資のなかで見出し、社会や人とのつながりをとても大切にしているように感じた。終始暖かく優しい感じが伝わってくる本書。所々、強さや女性ならではの目線もあり、女性はもちろん男性や、不動産投資家、投資に興味がない方でも自分の将来や楽しく生きていくための指針となるはずだ。

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

ウチコミ!タイムズ「BOOK Review――この1冊」担当編集

ウチコミ!タイムズ 編集部員が「これは!」という本をピックアップ。住まいや不動産に関する本はもちろんのこと、話題の書籍やマニアックなものまで、あらゆるジャンルの本を紹介していきます。今日も、そして明日も、きっといい本に出合えますように。

ページのトップへ

ウチコミ!