ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

増加著しい虐待の通報件数 賃貸住宅オーナーも入居者も通報は国民の義務(1/3ページ)

朝倉 継道

2021/10/06

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎bunnynight・123RF

大阪・摂津市の集合住宅で3歳の男の子が虐待死

耳を塞ぎたくなるような事件が、大阪府の摂津市で起きた。

報道されている内容が正しければ、わずか3歳の男児が、この8月31日、母親の交際相手とされる男に残虐な方法で殺された可能性がきわめて高い。23歳とされるこの男は、おそらくは男児を動けない状態にしたうえで、シャワーの熱湯をその身体に長時間浴びせ続けている。

死因は重度のヤケドにともなう熱傷性ショックだという。

シャワーは75度にまで温度が上げられる仕様で、殺される直前と思われる時間には、男児の激しい叫び声が、近隣住人の耳にまで届いている。まるで古い時代の拷問話や処刑話を聞かされるような、恐ろしい惨劇といっていい。

現場は「マンション」と、報道では伝えられている。そこで、この物件を特定しデータを拾うと、建物はRC5階建、築年は1987年となっている。区分所有物件として売買されてきた形跡もありつつ、多くの住戸で、家賃の設定も行われている。当該物件は、実態として賃貸集合住宅の環境にあるように思われる。

なお、今回の容疑者である男は、昨年の秋頃から男児の母親と交際を始め、その後、今年の5月になって、親子の住む部屋に転がり込んだらしい。殺された男の子にとっては、あまりにつらい同居の日々が、以降始まったものと推測されている。

次ページ ▶︎ | 異常を感じたら躊躇なく通報を 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

コミュニティみらい研究所 代表

小樽商業高校卒。国土交通省(旧運輸省)を経て、株式会社リクルート住宅情報事業部(現SUUMO)へ。在社中より執筆活動を開始。独立後、リクルート住宅総合研究所客員研究員など。2017年まで自ら宅建業も経営。戦前築のアパートの住み込み管理人の息子として育った。「賃貸住宅に暮らす人の幸せを増やすことは、国全体の幸福につながる」と信じている。令和改元を期に、憧れの街だった埼玉県川越市に転居。

ページのトップへ