賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

『MOTHER マザー』/実話を元にした不愉快な物語であっても、目が離せない長澤まさみの演技

兵頭頼明

2020/07/01

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

©︎2020「MOTHER」製作委員会

女優・長澤まさみ。1987年6月生まれの33歳。第5回「東宝シンデレラ」オーディションにおいて史上最年少の12歳でグランプリに輝き、2000年6月公開の映画『クロスファイア』でデビュー。

2004年『世界の中心で、愛をさけぶ』では白血病に苦しむヒロイン亜紀を演じ、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞ほか数々の映画賞を受賞。近年は是枝裕和監督作品『海街diary』(17)や黒沢清監督作品『散歩する侵略者』(17)をはじめ、『嘘を愛する女』(18)『マスカレード・ホテル』(19)『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』(19)などに出演。シリアスな役柄もコミカルな役柄もこなす実力派女優として八面六臂の活躍ぶりである。

そんな長澤が、かつて演じたことのない異色の母親役に挑んだ最新作が『MOTHER マザー』である。

シングルマザーの秋子(長澤まさみ)が息子の周平を連れて実家を訪れている。両親に金を借りるためである。別れた夫からは毎月養育費が送られ生活保護費もあるはずだが、秋子は働く気がまるでなく、昼間から酒を飲みパチンコやゲームセンターに入り浸って金を使ってしまう。これまで何度も家族に借金してきた秋子は完全に愛想を尽かされ、母の雅子(木村花)に追い出されてしまった。

アテが外れゲームセンターで酒を飲んでいた秋子は、そこでホストの遼(阿部サダヲ)と出会い意気投合。周平を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空けるようになりついに電気もガスも止められた。秋子と遼は一計を案じ、以前から秋子に気があった市役所職員の宇治田(皆川猿時)を脅して金をゆすろうとするが、遼は誤って宇治田を刺してしまう。これが一家の逃亡生活の始まりであった。

逃亡生活の途中、秋子は妊娠するが、遼は自分が父親だと認めず二人を残して去ってゆく。秋子はラブホテルの従業員(仲野太賀)と関係を持ってホテルの敷地内に居候し、周平を母・雅子のもとへ向かわせて金を無心するが雅子からは絶縁を言い渡される。

5年後、17歳になった周平(奥平大兼)は学校にも行かせてもらえず、妹の冬華の面倒をみる毎日。秋子は相変わらずで働く気はない。金も住む家もなくなった3人に手を差し伸べたのが、児童相談所に勤務する亜矢(夏帆)であった。亜矢の尽力で一家は簡易宿泊所に寝泊まりできるようになり、周平は学ぶことの楽しさを知り始めたが、安らぎの時間も束の間、借金を背負った遼が舞い戻ってくる――。

2014年に埼玉県で起きた17歳の少年による祖父母殺人事件を基に、フィクションとして構成された作品である。

監督は『日日是好日』(18)の大森立嗣で、脚本は『宮本から君へ』(19)の港岳彦と大森が共同で書き上げた。

シリアスなのはもちろんだが、作品の重さは尋常ではなく、スクリーンに目を凝らしていると、脇腹に強烈なボディブローをお見舞いされているかのような錯覚に陥る。

秋子は異色の母親どころか、毒親と呼ぶべき強烈なキャラクターであり一切の感情移入を許さない。金にルーズで、なまけ者。まるで男を見る目がなく、だらしない。金に困ると、子どもをダシにして親に金をたかる。金を手に入れるための最後の手段と考えているからであろうか、秋子は男と手を切っても、決して子どもを捨てない。そんな彼女の理不尽さがラストの悲劇へと繋がってゆく。

実に不愉快な物語だ。観ていると腹が立ってくる。それでも最後までスクリーンから目が離せないのは、このどうしようもない母親をスターである長澤まさみが演じているからだ。長澤の演技は素晴らしく、彼女が主役を務めることで本作はウルトラヘビー級のスター映画となり、娯楽映画として見事に成立しているのである。大森監督の手腕には敬服するしかない。

脇を支える阿部サダヲ、木野花、夏帆らの好演も忘れがたいが、何よりも、17歳の周平を演じた奥平大兼の真っ直ぐな演技を称えたい。周平のラストの台詞が、観客の胸を打つ。

今年度を代表する秀作である。

 

『MOTHER マザー』
監督:大森立嗣
脚本:大森立嗣/港岳彦
出演:長澤まさみ/阿部サダヲ/奥平大兼/夏帆/皆川猿時/仲野太賀/木野花 ほか
配給:スターサンズ/KADOKAWA
2020年7月3日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
公式HP/https://mother2020.jp/

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

映画評論家

1961年生まれ、宮崎県出身。早稲田大学政経学部卒業後、ニッポン放送に入社。本業の傍ら、映画評論活動を行う。2006年から映画専門誌『日本映画navi』(産経新聞出版)にコラム「兵頭頼明のこだわり指定席」を連載中。

ページのトップへ

ウチコミ!