賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』/魅了された理想のリーダー像「煉獄杏寿郎」の存在感

兵頭頼明

2020/10/26

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

©︎吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

10月16日に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が公開3日間で46億円を突破し、10日間で107億円超と、現在もなお記録を更新中である。

全国約400スクリーンで一斉公開すると聞いたとき、我が耳を疑った。興行力の高いハリウッド製の大作が次々に公開延期となり、映画館にかける作品が不足しているのは事実だ。しかし、その穴を埋めるためとはいえ、ここまで大きな拡大上映は前代未聞である。もちろん、業界内ではそれなりの数字を弾き出すであろうとの期待感はあった。とはいえ、まさかここまで凄い結果になろうとは……。

すでに一大ブームが巻き起こっているので説明は不要かとも思うが、本作について少しばかり補足整理しておこう。

原作は「週刊少年ジャンプ」に2016年2月から今年2020年5月まで連載された吾峠呼世晴のコミックである。連載当初はとりあえず合格点と言ったレベルの人気度であったが、2019年に全26話のテレビアニメ版が放送されたことで、爆発的な人気となった。単行本の売れ行きは倍増してゆき、シリーズ累計発行部数は、第22巻の発売時点で1億部を突破している。

舞台は大正時代。主人公は家族を鬼に殺された少年、炭治郎(声・花江夏樹)だ。彼は、命を取り止めたが鬼になってしまった妹の禰豆子(声・鬼頭明里)を人間に戻すため修行を積み、鬼討伐を目的とした組織・鬼殺隊の一員となる。


竈門炭治郎


竈門禰豆子

本作はテレビアニメ版の続編にあたり、炭治郎が次の任務のため、仲間とともに不審な列車に乗り込むところから始まる。そこで一行は鬼殺隊最強の剣士の一人である煉獄杏寿郎(声・日野聡)と合流し、列車内を支配する鬼に立ち向かってゆくという物語である。


十二鬼月「下弦の壱」魘夢 (えんむ)

本作を見て、往年の名作コミック二作を思い出した。

ひとつは、1969年にアニメ化された手塚治虫の『どろろ』。戦国時代、48匹の妖怪から自分の身体を奪われた少年・百鬼丸が妖怪退治の旅をするというお話だ(2019年に設定が変えられ新たにカラーアニメ化された)。

1969年版では百鬼丸は妖怪に身体の48カ所を奪われているため、医者が不足部分を作り物で補ってくれている。眼球は義眼、腕は義手という具合で、彼が妖怪を一匹倒すたび、身体の一部が本物に入れ替わってゆく。あくまで幼い日々の記憶であり、テレビアニメ版と混同しているかもしれないが、例えば義眼が抜け落ちて本物の眼球と入れ替わるといった描写が、昭和40年代当時の子どもの目には極めてリアルに映り、とても怖かった。

もうひとつは、小池一雄(原作)と小島剛夕(画)のコンビによる劇画『子連れ狼』。

柳生烈堂率いる柳生一族から妻の命と職を奪われた元・公儀介錯人、拝一刀と息子・大五郎の復讐の旅を描いている。拝一刀は大五郎を連れて江戸を脱し、「子貸し腕貸しつかまつる」と書かれた幟を立てた乳母車を押しながら流浪の旅に出る。標的一人につき五百両という報酬を得る刺客を生業とし、請け負った仕事をこなしつつ、列堂の放った剣客と戦ってゆく。ハードな展開でありながら、その根底には親と子の絆がある。

拝一刀は父として一方的に子供を守るのではなく、時には突き放す。幼い大五郎も3歳にして自らの身を守る術(すべ)を身に着け、父の足手まといにならない生き方を選択している。その世界観と考え方には筋が通っており、武士の親子の絆の描き方にも一種独特のリアリティがあった。

『鬼滅の刃』は、上記二作の懐かしい記憶を蘇らせてくれた。鬼に立ち向かう炭治郎の姿は、妖怪を斬る百鬼丸の姿。禰豆子を背負い箱に入れて運ぶ炭治郎の姿は、大五郎を乳母車に乗せて運ぶ拝一刀の姿に重なった。

本作には鬼を倒す際の流血描写などハードでグロテスクなシーンが多いが、主題として描かれているのは家族愛である。キャラクターはみな魅力的であり、思いはまっすぐで揺るがない。その普遍性が人々を魅了するのであろう。

そしてもう一つ、今回のエピソードでは、煉獄杏寿郎の存在感が圧倒的だ。


鬼殺隊 柱/煉獄杏寿郎

彼は炭治郎たちの憧れの存在であり、彼らにとっての司令官、そして師匠とも言える存在となる。面倒見がよく、何事にも前向きに取り組み前進してゆく煉獄。テレビドラマ『半沢直樹』の主人公に理想のサラリーマン像と、自分もああいう風になれたら良いだろうな、なれないよなという空想上の理想像を見出した私たちは、本作の煉獄に理想のリーダー像と理想の上司像を見出すことになった。

本作が老若男女すべての層を魅了し、予想をはるかに超える大ヒットを記録した鍵は、この煉獄杏寿郎というキャラクターだったのではないか。本作の熱狂的なファンとは異なる立ち位置にいる門外漢の私は、漠然とそう考えている。


『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
脚本制作:ufotable
声の出演:花江夏樹(竈門炭治郎)/鬼頭明里(竈門禰豆子)/下野紘(我妻善逸)/松岡禎丞(嘴平伊之助)/日野聡(煉獄杏寿郎)/平川大輔(魘夢)
配給:東宝・アニプレックス
2020年10月16日より公開

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

映画評論家

1961年生まれ、宮崎県出身。早稲田大学政経学部卒業後、ニッポン放送に入社。本業の傍ら、映画評論活動を行う。2006年から映画専門誌『日本映画navi』(産経新聞出版)にコラム「兵頭頼明のこだわり指定席」を連載中。

ページのトップへ

ウチコミ!