賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』/絆、泣かせ、友情、冒険…ドラえもんシリーズの鉄板娯楽作

兵頭頼明

2020/08/01

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

©︎藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

割引、フリーパスポート、クーポン……今、映画館はお得がいっぱい

緊急事態宣言後の約2カ月の間、全国の映画館は営業を自粛していた。6月初旬の本格的な営業再開後も、座席数は約半分に制限され、観客の映画館離れも回復していない。

映画館サイドは観客を呼び戻すために様々なキャンペーンを行った。

TOHOシネマズは6月19日から30日までの期間、同社シネマイレージ会員の料金を1,200円とした。テアトルシネマグループ(TCG)は6月5日から7月いっぱい、同社TCGメンバーズカード会員の料金を1,100円に設定。このキャンペーンは好評で、TCGは実施期間を8月いっぱいに延長した。

イオンシネマは7月3日から31日まで、2,500円で一日映画見放題というワンデーフリーパスポートを発売。このチケットは対象ソフトドリンク飲み放題という嬉しいおまけ付きであった。

松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)は6月、7月に特化したキャンペーンを行わなかったが、SMT Members会員は有料鑑賞1回で次回使える鑑賞クーポンがもらえる。そのクーポンは鑑賞翌日から60日間有効で、窓口購入1,300円、インターネット購入ならば1,200円。つまり、60日以内に再び映画を見るということを繰り返せば、常に1,200円で映画が観られるという寸法だ。

問題は、番組編成。各館ともミニシアターで評判となった作品を拡大公開したり、滅多に映画館で観ることのできないジブリの旧作を上映したりでしのいできたが、稼ぎ時の夏休み興行には目玉作品が必要だ。

しかし、6月初旬の本格的な営業再開後も、大手配給会社は話題性の高い大作の公開を控えている。特にアメリカの主要メジャー系配給会社は大作の公開を中止し、来年に延期しているというのが現状である。座席数を半分に制限されている状態、しかも観客の映画館離れが回復していない状態では、勝負を賭けた大作の公開はできないという判断だ。

36年ぶりの続編となるトム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』は今年7月の公開予定が12月に変更され、さらに来年7月公開に延期された。ディズニーの話題作『ムーラン』の公開は無期限延期となっている。

春シーズン定番『映画ドラえもん』満を持しての公開

主なハリウッド系メジャー大作の公開が見送られた今夏、それに代わる目玉として期待されている日本映画が、「ドラえもん50周年記念作品」と銘打たれたシリーズ第40作『映画ドラえもん のび太の新恐竜』である。

実績は十分だ。「よいこ」「小学一年生」等の小学館学年誌で原作コミックの連載がスタートしたのが1970年1月。テレビアニメ化を経て、劇場版第1作『ドラえもん のび太の恐竜』が公開されたのが1980年3月。以来、声優陣が交代した2005年を除いて毎年春休みシーズンに新作が公開されてきた長寿シリーズである。第38作『のび太の宝島』(18)では遂に興行収入53億円を超え、第39作『のび太の月面探査記』(19)も50億円超を記録している。

春休みシーズンの映画興行を牽引してきたドル箱シリーズであるが、今年は新型コロナウイルスの影響により8月7日に公開が延期されたというわけである。

『映画ドラえもん』シリーズは観客の年齢層を選ばない。

かつて東京の映画館では、毎年新作公開に合わせて「大人だけのドラえもんオールナイト」というイベントが開催されていた。子どもを連れてゆく場合はもちろん、大人一人で観に行っても安心して楽しめるハズレのないシリーズ、それが『映画ドラえもん』シリーズである。

のび太は恐竜博の化石発掘体験で1つの化石を発見。「これは絶対に恐竜の卵だ!」と信じ、その化石を持ち帰る。ドラえもんのひみつ道具「タイムふろしき」で化石を元の状態に戻してみると、そこから誕生したのは双子の恐竜だった。しかも、未発見の新種だ。のび太は2匹にキューとミューと名を付け、育てることにする。

キューとミューの性格の違いに苦労しながらも、愛情たっぷりに育ててゆくのび太であったが、恐竜の生きていた時代と現代とでは環境があまりに違いすぎる。このまま2匹を現代で生活させてゆくことは不可能だ。のび太はキューとミューを元の時代へ返す決心をし、ドラえもんや仲間たちとともにタイムマシンで6600万年前の白亜紀へと旅立つ―。

今回もハズしていない。大人にとっても子どもにとっても、恐竜ネタは鉄板である。

野生動物(恐竜)との出会い、飼育と交流、そして別れという観る者の涙を誘うフォーマットは、シリーズ第1作『のび太の恐竜』(80)ですでに完成していた。モチーフとなっているのは、狩猟監視官と子どもライオンの交流を描いたイギリス映画『野生のエルザ』(66)である。

『のび太の恐竜』はシリーズ屈指の名作となり、第26作『のび太の恐竜2006』(06)としてリメイクされている。本作『のび太の新恐竜』はリメイク作品ではないが、フォーマットは同じ。泣かせの要素だけでなく、ワクワクする冒険譚を加えることも忘れていない。

この上出来の娯楽作が、低迷する映画興行の救世主となることを祈る。

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』
原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気
声の出演:水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一
2020年8月7日より全国東宝系にて公開

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

映画評論家

1961年生まれ、宮崎県出身。早稲田大学政経学部卒業後、ニッポン放送に入社。本業の傍ら、映画評論活動を行う。2006年から映画専門誌『日本映画navi』(産経新聞出版)にコラム「兵頭頼明のこだわり指定席」を連載中。

ページのトップへ

ウチコミ!