ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

最強の観光地はどこだ? 北海道? 京都? 沖縄? いえいえ、それは福島県のあの場所(1/2ページ)

朝倉 継道朝倉 継道

2021/11/15

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

裏磐梯 桧原湖(ひばらこ)/©︎takanakai・123RF

日本最強の観光地はどこだ?

日本で「最強」といえる観光地はどこだろうか? 北海道だろうか? 京都だろうか? 沖縄だろうか? それとも東京こそが実は最強の観光エリアなのだろうか? 

私はその答えを昔からもっている。結論から言おう。それは福島県の西側に広がる「会津地方」だ。

すると「え? 会津に何があるの? お城くらいしか知らないけど」と、すぐさま反応が出そうだ。だが、根拠は明白だ。

会津は、人気の観光地となるべき基本といえる8つの要素全てを高いレベルで備えている。これに迫るエリアはほかにほとんどなく、ほぼ完璧といっていい。ちなみに、多くの人が旅行先として憧れる北海道でも、8つの要素のうち備えているのは5つだ。さらに京都は4つでしかない。沖縄も4つだ。

と、いうわけで、まずはこの8つの要素から説明しよう。人気観光地の8大要素とは一体なんなのか?

人気観光地8大要素

その場所が日本の人気観光地となるべき8大要素。中身は大きく2つに分かれる。ひとつは「風景」、もうひとつは「体感」だ。そのうち、風景には5要素があり、体感には3要素がある。合計8つのあらましが以下のとおりだ。

風景5大要素

「城」
壮大で優美な天守閣(現存もしくは優れた再建例)をもつ城がそこにある

「社寺」
国宝・重文クラスの建造物や文化財をもつ社寺が蝟集する地域である

「水景」
ほかに秀でた景観をもつ海、川、湖沼が見られる。特に山間の湖があるとよい

「山景」
地域を象徴する美しい山の景色が望める。あるいは同じく高原や平原、森林等

「街景」
歴史に根差した伝統的な町並みや、同じく美しい集落の景色を眺められる

体感3大要素

「温泉」
歴史ある温泉に浸かり、温泉地での滞在を楽しめる

「グルメ」
地域固有の食文化や、その地方ならではの珍しい食材、有名な料理を楽しめる

「歴史と文化」
日本史の著名なトピックに綴られるような出来事の舞台となった場所である。または、日本を代表するような伝統的な祭事・芸能・産業などが根付く地域でもある

無論、現代において人々の観光ニーズは多様だ。珍しい乗り物に乗るためにその地域を訪れる人や、水族館や動物園を目指す人、アニメや漫画の聖地を巡る人など、現在はさまざまな観光のかたちがある。

そのうえで、上記の8大要素は、その地域のもつ「光=自然や文化」を「観る」という意味で、より多くの人々を「観光」に惹きつける基礎的素材を挙げたものといっていい。すなわち、これらは過去より絵葉書やカレンダーのモチーフとなり続けてきた風景であり、さらには、地域の代名詞となる味であったり、イベントであったりということだ。

なお、「歴史と文化」は2つに分けてもいいが、9大要素と広げるよりも、ここは数字の収まりがいい“8”を採ってみた。

「北海道」VS「京都」VS「沖縄」

上記8大要素をモノサシに、日本の横綱級人気観光エリア3つを見ていこう。

まずは北海道だ。

風景5大要素のうち「水景」「山景」「街景」にポイントが付く。摩周、屈斜路、阿寒、支笏、洞爺の5大カルデラ湖(水景)、各地に広がる広大な平原(山景)、いわゆるレトロな風景を美しく残す函館、小樽(街景)の存在が、とりわけ強力な要因となっている。

一方、ポイントが付かないのが「城」「社寺」だ。さらに、体感3大要素のうち「歴史と文化」が、北海道の場合、他地域に比べボリュームが薄い。結果、8大要素のうち北海道が獲得できるのは5つとなる。前述したとおりの5ポイントだ(もちろん、アイヌはじめ複数の先住民族文化の存在については、個人的に深く理解しているつもりだ)。

次に京都。

「社寺」「街景」「歴史と文化」は、圧倒的な超一級品となる。「グルメ」もレベルが高い。当然ポイントがつく。しかし、ほかはすべてが不足している。よって合計は4ポイントだ。「東山三十六峰(山景)や鴨川(水景)を無視するのか」と文句を言われそうだが、これらは京都における「歴史と文化」に含まれるべきだろう。

そして沖縄だ。

国内では最も多くの人々の心を惹きつける美しい海(水景)を擁している。ワイルドな亜熱帯林の景観(山景)も加え、風景5大要素のうち獲得ポイントは2つとなる。加えて、独自性に溢れる「グルメ」、同じく独自性が豊かな「歴史と文化」にももちろんポイントが入る。合計4ポイントだ。

次ページ ▶︎ | ほかの人気エリアを超える「会津の8ポイント」とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

コミュニティみらい研究所 代表

小樽商業高校卒。国土交通省(旧運輸省)を経て、株式会社リクルート住宅情報事業部(現SUUMO)へ。在社中より執筆活動を開始。独立後、リクルート住宅総合研究所客員研究員など。2017年まで自ら宅建業も経営。戦前築のアパートの住み込み管理人の息子として育った。「賃貸住宅に暮らす人の幸せを増やすことは、国全体の幸福につながる」と信じている。令和改元を期に、憧れの街だった埼玉県川越市に転居。

ページのトップへ