ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

「時代の証言」本当にあったひどい話 あの頃、賃貸生活は(賃貸業界も)ヤバかった…  (1/2ページ)

朝倉 継道朝倉 継道

2021/10/29

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この話、1ミリも盛っていません/©︎innovatedcaptures・123RF

人は現在を憎み、過去を愛する?

いつの時代も、多くの人は自分が生きている現在を恨むものだ。そして未来を悲観し、過ぎた過去を懐かしく感じる。ときには美しくも想いがちだ。

ところが、ところが!

最近は、古い90年代頃の賃貸住宅の話を若い人に聞いてもらうと、ビックリ驚かれることが多い。なぜなら、ジェントルないまを生きる彼ら・彼女らにとって、それはまるで「修羅の国」的な出来事だからだ。

となると、続く未来はどうやら楽観していい?

時代の証言として記しておきたい。以下はすべて実際にあった本当の話だ。寸分たりとも“盛って”はいない。

客をつかまえて言いたい放題の荒くれ店長


コンプライアンスの厳しいいまの時代であれば懲戒もの/©︎sharpshutter・123RF

バブル末期、90年前後の首都圏賃貸マーケットといえば、礼金2カ月・敷金2カ月も当たり前の貸し手市場だった。とくに築年の浅い単身用物件は需給が逼迫し、どこも満室だった。いきおい、仲介会社の態度もデカくなる。

当時、東京都心のターミナル駅近くの雑居ビルなどに無数に店を構えていた若者向けの賃貸仲介店舗には、“荒くれ店長”や“ヤンキースタッフ”、さらにはそれらを陰でシメる“姐御”などがたまにいて、大人しそうな客をつかまえては大声でいじめていたものだ。

「はあ? フリーター? 貸してくれる大家なんているのかね~」
「ここ、読めねえよ! 名前くらいまともに書けよ」
「あ、〇〇宅建さん? いま、フリーターとかいうのがウチの窓口に来てんだけど、おたくの物件申し込める? ハハハ、ダメだよね? ……ほら、ダメだとよ! まったく時間ばっかり取らせやがって、次どうすんだ!」

繰り返すが本当の話だ。

入居者が「土日は外出」を心掛けたわけ


30年以上前、新聞・教育商材・信仰への勧誘など、とにかくピンポンが多かった/©︎poko42・123RF

90年代およびその前後を通して、「土日は部屋にいたくない」「なるべく外に出る」という賃貸住宅の入居者は多かった。なぜなら、ひきもきらず部屋のインターホンを鳴らされるからだ。

当時、日常的だったさまざまな訪問セールスと勧誘は、単身世帯を中心に、社会の抱える一大ストレスといってもよかっただろう。

なかでももっとも数多く、もっとも警戒されていたのが新聞の勧誘だ。悪質な人材がきわめて多かった。「反社」などの言葉もなかった時代、露骨に自らの所属やその証拠をちらつかせながら(事実もあり偽装もあっただろう)、契約を迫る者も少なからずいた。

強引な一部にあっては、インターホンに応答が無ければテラスに回って窓を叩き、「やっぱりいるじゃないか」と、住人を引っ張り出すなどもした。そうした状況のなかから、ついには殺人事件も発生している。

いまだったら大クレームの“放置プレイ”

「対応が遅い!」「共用部分の照明切れを1週間以上も放っておくなんて何事だ!」……と、そんなことがあれば、いまは管理会社は入居者のみならずオーナーからも厳しく叱られる。

ところが、さきほども記したような貸し手市場の時代、入居者はたびたび「釣った魚にエサはやらない」の立場に放置された。

次ページ ▶︎ | 「いかがわしいチラシ」だらけだった単身賃貸物件

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

コミュニティみらい研究所 代表

小樽商業高校卒。国土交通省(旧運輸省)を経て、株式会社リクルート住宅情報事業部(現SUUMO)へ。在社中より執筆活動を開始。独立後、リクルート住宅総合研究所客員研究員など。2017年まで自ら宅建業も経営。戦前築のアパートの住み込み管理人の息子として育った。「賃貸住宅に暮らす人の幸せを増やすことは、国全体の幸福につながる」と信じている。令和改元を期に、憧れの街だった埼玉県川越市に転居。

ページのトップへ