ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

『地面師――他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団』の著者・森功氏に聞く 地面師の実態とだまされないための心構え(1/4ページ)

小川 純小川 純

2020/11/12

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

聞き手・文/小川 純 写真/地面師詐欺事件の舞台となった五反田の海喜館(編集部・2019年1月に撮影)

11月12日、警視庁捜査2課が表参道で他人の不動産を無断売却したとして、職業不詳の容疑者ら3人を偽造有印私文書行使容疑などで逮捕したと各主要メディアが報じた。容疑者は地面師グループの一員とみられ、詐欺容疑でも追及するという。他人の不動産をどうやって売却するのか? 地面師グループとはいったい何なのか? 地面師にだまされないためにはどうしたらよいのか? 本稿ではウチコミ!タイムズ(現媒体名 ウチコミ!タイムズ ジ・オーナー)2019年2月号に掲載した『地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団』の著者であるノンフィクション作家・森功氏に実施したインタビューを転載する(表記は掲載当時のもの)。

――――――

2018年夏ごろから、次々と明らかになった地面師詐欺事件。その被害は積水ハウスが63億円、アパホテルが12億円とだまし取られた金額が大きいうえ、まんまと嵌められた企業が誰もが知る大企業とあって、注目が集まった。

こうした世間の耳目が集まるなかベストセラーになっているのが『地面師――他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団』(講談社)だ。著者のノンフィクション作家・森功さんは、『サラリーマン政商 宮内義彦の光と影』(講談社)、『日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈』(文藝春秋)など数多くの著作があり、18年には『悪だくみ――「加計(かけ)学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(文藝春秋)で「大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞」を受賞。その取材力には定評のあるジャーナリストである。

本書『地面師』では、積水ハウス事件、アパホテル事件のほか、東京・富ヶ谷の台湾華僑が持つ土地、世田谷を舞台にした事件、新橋で白骨死体が発見されたことから発覚した女性資産家の土地をめぐる事件の詳細、そして、そこで暗躍する地面師グループ実像に迫った力作だ。もちろん、ノンフィクションなのだが、丹念な取材と数多くの関係者の証言によって綴られるそれぞれの事件の背景、地面師たちの実像は、まるで小説のような展開で興味は尽きない。

個々の事件、地面師たちについては本書を読んでいただくとして、土地を舞台にした詐欺事件は賃貸住宅オーナーにとっては無縁ではない。そこで地面師事件の手口、だまされないための心得など、森さんに聞いた――。

次ページ ▶︎ | まるで盗賊団 地面師グループの実態 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

編集者・ライター

週刊、月刊誌の編集記者、出版社勤務を経てフリーランスに。経済・事件・ビジネス、またファイナンシャルプランナーの知識を生かし、年金や保険など幅広いジャンルで編集ライターとして雑誌などでの執筆活動、出版プロデュースなどを行っている。

ページのトップへ