賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

営業職員、代理店、ネット…生命保険はどこで入ったらいいの?

内田まどか

2020/10/12

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎takasuu・123RF

保険にはいるのにも“相性”は重要

職場をまわる営業員さん、昔から付き合いのある代理店さん、よくいくスーパーにできた保険ショップ、ネットで比較して保険料の安いところに加入する。ほかには、購入した自動車ディーラーで自動車保険に、建てた家、借りた家を担当する不動産屋さんで火災保険に、海外旅行保険は旅行代理店にと、目的別に加入する人や、できる限り一カ所にまとめているという人もいるでしょう。いまはいろいろなところから保険に加入することができます。

生命保険はどこから加入するのが良いのでしょうか?

生命保険文化センターが発表している平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、「直近加入契約(民保)の加入理由」は営業職員や代理店が多いことがわかります。

身近な人が病気になったなどきっかけがあれば身をもって保険の必要性を感じるでしょうが、そうでなければなかなかリスクに対して向きあいにくいものです。それに気づかせてくれる存在が保険会社の営業職員や代理店いえるでしょう。

直近加入契約(民間保険)の加入理由(複数回答)

出典/公益財団法人 生命保険文化センター 平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」(速報版)を基に編集部作成

そんな加入のきっかけを与えてくれる営業員さんや代理店さんですが、特定の保険会社のみを扱っている場合、当たり前ですがその保険会社の保険しか売ることができません。保険の提案に疑問を感じていたり、相性が合わないなと思っているなら、複数の保険会社を取り扱う保険ショップを利用してみるという方法もあります。

組み合わせの工夫で理想に近い保険にする

保険ショップでは、保険の比較や保険料の比較など容易ですし、自身に必要な保障から一番保険料の安いものを選んでもらうことができます。ただ、中立と謳っていても得意がある場合もありますし、手数料が高いものを勧めているのではないかと心配する声もあります。また、すべての保険会社を取り扱っているわけではないので、希望する保険があるけれど、他社と比較した上で決めたいということであれば、その保険を扱っているか調べてから行くようにしましょう。

逆に、長い付き合いをしている営業員さんから入りたい、保険会社を変えたくないと思っているなら、「あなたから入りたいと思っていること」「保険会社を変えたいと思っていないこと」を率直に伝え、相談してみましょう。たとえ希望の保険がなくても、保険期間の設定や入り方、特約などの組み合わせ方を工夫することで、希望する保険や保険料に近づけてくれるかもしれません。対応できること、できないことを明示してくれる人なら信頼もできるでしょう。

最近は新型コロナウィルスの影響で、インターネット上での加入手続きに対応する保険会社も増えてきました。保険料を抑えたいとか、営業の人と話すのが苦手な場合、営業職員や代理店を介さないダイレクト型のインターネット契約や郵送などによる通信販売が選択肢になります。人を介さない分、保険料は安くなりますが、保障内容の比較や試算は自分自身ですることになります。

営業されるのは嫌だけれど、専門的な用語がわからなかったり、比較をするのに自信がないと思うのならば、相談料はかかりますが、ファイナンシャル・プランナーに相談するという方法もあります。その際は「代理店契約していないけれど保険に詳しい人」を探すことがポイントです。身近にいなければ日本FP協会のホームページから探すことができます。

生命保険は一生涯の保障だったり、もしもの時に残された家族を養ったりするものです。保険料は長く支払っていくので、積み重ねていけば大きな金額になります。新しく入るにしても見直すにしても、生活を見直したり、ライフプランを練ったりと時間はかかるものです。覚悟を決めて時間をかけていきましょう。

ひとつの保険会社の保険しか扱ってないからダメとか、複数の保険会社を扱っているからいいとか一概にいうことはできません。どこから入るのが良いという正解はありません。重要なことは自分や家族の側にとってどんな保障が必要かを一緒に考えてくれる人、こちらの状況を把握して無理のない提案をしてくれる人、または自分に必要な保障を見極める方法を考えることです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナー

東京都出身。1997年にFP資格取得後、損害保険代理店・生命保険代理店・FP事務所を開業(現在、保険分野は他代理店と合併)。「万が一」のためだけではない、生きていくための保険の入り方から、住宅取得、転職、早期退職など、夢や希望を叶えるための個人相談を中心に活動している。

ページのトップへ

ウチコミ!