ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

環境アレルギー対策で、さらに健康増進! 第15回 「築古の物件を借りる・購入する際に気をつけておきたいアレルギーに関するポイント」(1/3ページ)

加藤 美奈子加藤 美奈子

2021/04/28

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©hanohiki・123RF

お手頃の築古物件 でもアレルギーが気になる

コロナ禍でリモートワークに替わった企業において、従業員の「家族(小さな子ども)がそばに居て集中できない」という悩みがときどきTVの報道やWebニュースなどでみられます。

このような状況のなか、間取りの充実したお手頃の中古物件を新たに購入、または賃貸で入居される方も増えています。

ここではそれら中古住宅を購入・借りる際に、気を付けておきたいアレルギーに関するポイントについて述べていきます。まず一つ目は「カビ」の問題です。

チェックポイント「カビ」

カビアレルギーがあることをご存知ですか? 住宅内にはクラドスポリウム(クロカビ)、トリコデルマ(アオツチカビ)など約10種類のカビが発生しやすいといわれています。

カビとは真菌(カビ類とも呼ぶ)の一門になります。カビは、胞子から発芽し、その菌糸を伸ばし、菌糸の先から若い胞子を出すことにより生育・増殖します。

カビの発育には、温度、湿度、栄養源などの条件が必要になり環境が整うと増殖します。

中古物件を契約する前に情報収集した方がよい内容は、

・管理者が風通しを毎日しているか? あるいは、24時間換気システムを稼働しているか?
・入室時にカビ臭はないか?

などで、カビが発生しやすい場所は以下になります。この辺りは丁寧に細かくチェックしましょう。

・台所
・浴室、脱衣所
・洗面所
・トイレ
・壁面
・家具などの裏側
・押入れ
・下駄箱
・サッシ
・洗濯機
・家具

カビを発生させないためには、カビが好む環境を作らないことが大切です。換気をまめに行い、空気の流れをよくし、壁、床、窓などを布などを使用しきれいに清掃をすることがお勧めです。

次に「揮発する化学物質」の問題が挙げられます。

次ページ ▶︎ | チェクポイント「揮発する化学物質」 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

春日井環境アレルギー対策センター 代表

子どもがアレルギー起因の喘息で入退院を繰り返した経験から、2011年にアレルギーをもつ子どもの育児をサポートする任意団体を設立。2018年、春日井環境アレルギー対策センターを設立し、健康住宅建築や既存建築物の空気質測定、室内空気環境品質検査認証などを中心に事業展開。アレルギー患者を一人でも減らすべく日々活動している。資格:看護師、環境アレルギーアドバイザー、シックハウス診断士

ページのトップへ