ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

斎藤道三に追い出された美濃の土岐家と明智光秀の関係(1/2ページ)

菊地浩之菊地浩之

2020/06/24

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

明智光秀像(本徳寺蔵)

源氏との関係が深い土岐家の系譜

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀は、美濃守護(みのしゅご)の土岐(とき)家の一族と称している。

土岐家は清和源氏でも有数の名門で、酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治したという源頼光(みなもとの よりみつ)の子孫、平家に謀叛した源三位頼政(げんさんみ よりまさ)の又従兄弟にあたる土岐光信(とき みつのぶ)が、美濃国土岐郡(岐阜県土岐市)に住み、土岐氏を名乗ったことにはじまる。

光信の曾孫・土岐光行(みつゆき)は源頼朝に仕え、その孫・土岐頼貞(よりさだ)は足利尊氏に従ったという(頼朝と尊氏の年齢差はおおよそ150年くらいなので、頼貞が光行の孫ということはあり得ない。間の人物を大幅に省略しているか、もしくは偽系図だということだ)。

頼貞の弟・土岐頼遠(よりとお)は戦にはめっぽう強く、美濃守護に任ぜられたが、バサラ大名と呼ばれた乱暴者の代表で、光厳(こうごん)上皇が乗った牛車(ぎっしゃ)に対して「院(いん:上皇)と言うか、犬と言うか。犬ならば射ておけ」と矢を放ち、乱暴を働いた。こんな人物でも助命嘆願が相次いだというから、よほど軍事の才能があったのだろう。ただ事態を重く見た足利家によって処罰された。

名門の一族も下克上によって零落

甥の土岐頼康(よりやす)は、室町幕府の要職・侍所別当(さむらいどころのべっとう)に任ぜられ、土岐家は「四職」(ししき)の一角を担う名門とされた。

しかし、応仁の乱の頃から守護代・斎藤家が擡頭(たいとう)して土岐家は零落し、その斎藤家をも乗っ取った斎藤道三(『麒麟がくる』では本木雅弘)によって、美濃守護・土岐頼芸(よりのり[よりなり、よりあきともいう]:尾美としのり)は美濃から追放されてしまう。頼芸は、妻の義甥にあたる朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)を頼って越前(福井県)に逃げ落ちた。

ところが、優柔不断で厄介ごとを嫌う義景は、頼芸の亡命を許さず、頼芸は上総国(千葉県)に逃げのびた。斎藤家が織田信長(染谷将太)によって滅ぼされると、信長に転仕した稲葉一鉄(いなば いってつ:村田雄浩)は旧主・頼芸を美濃に迎えた。本能寺の変の半年後、頼芸は82歳の天寿を全うしたという。

京都府京都市中京区下本能寺前町にある本能寺/©︎teraken0925・123RF

次ページ ▶︎ | 歴史オタクの家康によって高家と大名に取り立てられて 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

1963年北海道生まれ。国学院大学経済学部を卒業後、ソフトウェア会社に入社。勤務の傍ら、論文・著作を発表。専門は企業集団、企業系列の研究。2005-06年、明治学院大学経済学部非常勤講師を兼務。06年、国学院大学博士(経済学)号を取得。著書に『最新版 日本の15大財閥』『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』『徳川家臣団の謎』『織田家臣団の謎』(いずれも角川書店)『図ですぐわかる! 日本100大企業の系譜』(メディアファクトリー新書)など多数。

ページのトップへ