賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

和・洋・中・エスニック…食器にこだわらないテーブルセッティングの幅の広げ方

Mie

2021/06/02

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎tacar・123RF

和と洋のテーブルコーディネート

今回はテーブルセッティングについてのお話です。

居心地のいい空間としての食事スタイルは、あくまで食べやすく、美しく、和やかに食事が進むことを目的に、席に着いたときの目線やインテリア全体のバランスを考慮してテーブルセッティングをすることが大切です。

例えば、日本の伝統的な食文化様式では、36㎝四方の「膳」のなかで器(食器)の美しさとテーマを表現し、着席人数共通に使われる大皿は中央に配置します。お膳立てを引き立てるポイントは艶やかな「漆黒」や鮮やかな「朱」の漆器の色と、器(お皿)の素材感との組み合わせ(コーディネート)です。

春夏秋冬の季節の移ろいをテーマに、見た目の美しさとともに、涼しさや、清々しさ、温かさなどを、そのときどきの旬な食材、調理方法、盛り付け方によって器の素材選びをします。

和室での食事は庭園の風景や、床の間などに設けられたインテリア(掛け軸、花器、生け花、調度品)などの色味や素材を「膳」のなかでリンクさせることで調和と統一感が生まれます。

研ぎ澄まされた空間のなかでいただく「お膳」は五感も刺激されて味覚もさらにさえることにつながります。

欧米式テーブルセッティングではテーブルクロスとプレート(洋皿)が最も大きな要素となります。

洗練されたコーディネート例の1つとして、プレートに施された装飾のなかの色をテーブルクロスに取り入れる方法があります。あるいは部屋全体の色調や、置かれているインテリアの色から選んでもいいでしょう。

そして、テーマやスタイルに合わせて、テーブル上にキャンドルスタンド、フラワーベース、メッセージカードなどの小物を配置。テーブルクロスと飾られる花や蝋燭、カードなどの小物の色の選び方で、落ち着いたモダンな空間にも、明るく華やかな空間にもなります。こうした配置されたアイテムや小物の種類と色彩のコーディネートで変幻自在な食空間の演出が可能となります。

料理のジャンルが広がる家庭の食卓

また、日本の家庭の食卓では和食、洋食、中華、エスニックなど幅広いジャンルを取り入れることが一般的になってきています。料理のレパートリーが増えることもあって、盛り付けの際には、ますます食器の数が増える傾向にあります。

そこで、あると便利なアイテムがプレイスマット(ランチョンマット、ディナーマット、ティーマット)です。

プレイスマットは一人ひとりの食器をセットするスペース(下敷き)として使用するアイテムです。多種多様な素材(織物、樹脂、ビーズ、竹、蔓、木、皮、金属など)と、形状(四角、丸型、楕円、扇型など)と、豊富な色彩バリエーションから好みの色を選べるため、料理ジャンルのイメージや、テーマに合わせて手軽にイメージチェンジすることが可能です。

和食なら和紙調や、和柄、和モダンな生地。洋食ならシンプルな単色カラーやレース調、メタリック調、ポップでカラフルな生地。エスニックならアンティークビーズなどをあしらったゴールドやシルバー調、ダマスク柄の生地、植物の蔓を織ったナチュラルでしっかりした厚みのあるテクスチャーのプレイスマットに置き換えるだけで簡単に手早く異国情緒溢れる食卓にイメージシフトができます。

テーブルクロスを使用するほどではないカジュアルな食事やテーブルの素材の美しさを見せたいシーンにもピッタリです。

さらに雰囲気を上げたい場合にはテーブルマットとリンクしたテーブルランナーや、ブリッジランナーなど(テーブルの中央に幅10~30㎝程度の細長い布やレース生地を渡し掛ける)を敷いて、その上に大皿料理やテーブル小物を配置することでムーディーでランクアップした食卓スタイルが生まれます。

このように家庭の食卓であっても、料理ジャンル専用の食器にこだわらず、大がかりな準備をしなくても、ちょっとしたアイテムの使い方やアイディアで日常の変化を楽しむこともできるのです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

MIE色彩研究社代表

自由が丘産能短期大学能率課インテリアコーディネーター課程卒業。産業能率大学情報マネジメント学部卒業。東京商工会議所カラーコーディネーター検定試験認定講師。電子機器製造メーカー、産業機械商社に勤めながら、社会人学生として産業心理学を学び、色彩と人間の意識との深い結びつきに共感。さまざまな社会経験を通して、色彩と人の意識に関わる数多くの実証の基、色彩スペシャリストとして事業を展開。東京都中央区銀座のオフィスではこれまでに培ったパーソナルカラー、空間色彩、商品色彩、カラースクール、色彩セミナーなどを個人、法人を問わず全国で行っている。趣味は街散策。

ページのトップへ

ウチコミ!