ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

賃貸経営における永遠のテーマ「空室対策」――入居者の募集広告をチェックしていますか?(1/3ページ)

廣田 裕司廣田 裕司

2021/10/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©️haywiremedia・123RF

皆さんこんにちは。大家兼不動産屋の廣田裕司です。

大家さんに「インターネットに掲載されている入居者募集広告をチェックしたことがありますか」という質問をすると、「チェックしている」と答える大家さんは少ないです。

入居者募集に関しては、管理会社に任せっぱなしで、あまり関与していない大家さんが多いのではないでしょうか。しかし、管理会社の担当者は、一人で100~200室の部屋を管理しています。入居者募集以外にもさまざまな業務があり、入居者募集にかけられる時間も限られています。

そこで、入居者募集活動のうち、募集広告に関して大家さんができることを書いていきます。

入居者募集サイトの募集広告が掲載されているか

お部屋を探している人は、スマホを使ってインターネット上の入居者募集サイトから、希望の条件で検索し、お部屋の募集情報を集めるのが一般的です。今の入居者募集広告は、インターネット上の入居者募集広告が重要になります。

入居者募集サイトのうち、利用者の多い、SUUMO、アットホーム、HOME’Sの3サイトが、3大ポータルサイトとも呼ばれています。

この3大ポータルサイトなどに、自分のお部屋の募集広告が掲載されているか、チェックしましょう。3大ポータルサイトなどに掲載されていないと、募集情報が、お部屋を探している人に届きにくい状態だと思います。

不動産屋さん(管理会社さん)に募集を依頼しているにも関わらず、3大ポータルサイトに掲載されていないことがあります。

なぜ、掲載されていないかというと、不動産屋さんは、各ポータルサイトから広告枠(広告を掲載できる物件数)を購入するのですが、広告予算の関係上、無尽蔵に広告枠を購入することができません。限られた広告枠の中で、自社に誘導できるお部屋を優先的に掲載するため、自分のお部屋がポータルサイトに掲載されていない場合もあります。

次ページ ▶︎ | 募集広告の内容をチェックする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

「合同会社アップ」代表 「行動する大家さんの会」代表

妻の実家の賃貸事業を引き継ぎ、賃貸経営に関わるようになる。サラリーマン時代の経験を活かし、原状回復費の低減、稼働率アップに成功。賃貸経営での経験をベースにセミナー講師としても活動。2014年大家仲間と一緒に、管理会社「みまもルーム」設立に参加。大家さんとしての経験、不動産業者としての経験を活かし、大家さんの賃貸経営をサポートする会社「合同会社アップ」を設立。大家さんのサポート活動を展開中。

ページのトップへ