ウチコミ!タイムズ

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

2025年に日本は沈む? 近代以降の日本を包む謎の「40年」ミステリー(1/2ページ)

朝倉 継道朝倉 継道

2022/03/12

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎afalken・123RF

早くも罪深い年になった2022年

今年2022年は、早くも歴史の記憶に刻まれる年になっている。

核を持つロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、こともあろうにその存在と使用をちらつかせながらウクライナへ軍を侵攻させた。これによって、冷戦時代以降世界が保ち続けてきたひとつのバランスが崩れ去っている。


イメージ/©︎strebkov・123RF

バランスとは何か? それは「核」あるがゆえ、人類は紛争は起こせても戦争は起こせないとの論理による平和的均衡を指す。とはいえ、われわれは皆それほどバカでもない。そのことは論理というより希望に近いものであることも、もちろん多くが知っていた。

知ってはいたが、世界はこの希望に賭けていくことを長年にわたり黙契としてきたのだ(なのでテロ国家といわれる国でさえ核保有をあくまで自衛のためと叫ぶ)。

ところが、今回プーチン大統領は、呆けたふりをしているのか本当に呆けたのか、無神経にそこを突き崩した。この勝手なちゃぶ台返しは、世界を精神疲労させ、心を折るという意味でまことにやりきれないほど罪が深い。

日本は40年ごとにピークとどん底を繰り返す?

さて、そんな今年だが、壮観なことにあと3年で世の中は2025年を迎える。つまり21世紀ももう1/4が終わる。

この2025年という年は、ひょっとするとわれわれの日本にとって「どん底」であり、それとともにターニングポイントになる年かもしれない。

理由は、実にくだらない偶然話だ。なので、以下はあくまで居酒屋談義のネタとして楽しんでほしい。すなわち、不思議なことに近代以降、われわれの国はピタリ40年ごとにどん底とピークを繰り返すという面白い歴史を辿っている。

1905年・日露戦争の勝利

まずは1905年だ。2025年からさかのぼるとちょうど40×3=120年前となる。この年といえば、日本は日露戦争に勝利している。

そのわずか半世紀前、アメリカの黒船「たった四杯」に脅かされ、それをきっかけに国のかたちまでひっくり返されてしまった日本が、いわゆる坂の上の雲を目指して死に物狂いで近代国家をつくりあげ、ついには世界の大国のひとつを戦争で破ってしまった。すなわち一等国化した。

それはまさにオリンピックでの快挙やワールドカップ優勝といったものの比ではない。わが国の歴史上、国民のもっとも多くが湧き、狂喜したのがこの1905年のはずだ。

1945年・第二次世界大戦での敗北

ところが、そのちょうど40年後に今度はどん底がやってくる。

1945年、第二次世界大戦が終結した。爆撃によって日本の都市は多くが焼け野原となり、このうち広島と長崎では人類初の核爆弾が炸裂した。2つの街は一瞬にして壊滅し、十数万人以上の命が失われた。日本はこれらにより無条件降伏というきわめて破滅的な選択を受け容れざるをえなかった(明確に無条件だったかについて議論はある)。

すなわち、この1945年というのは、わが国が滅亡を覚悟し、事実その一歩手前を経験した意味で史上もっとも深いどん底の年だったといっていい。

次ページ ▶︎ | 1985年・ジャパン・アズ・ナンバーワンが現実化した年 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

コミュニティみらい研究所 代表

小樽商業高校卒。国土交通省(旧運輸省)を経て、株式会社リクルート住宅情報事業部(現SUUMO)へ。在社中より執筆活動を開始。独立後、リクルート住宅総合研究所客員研究員など。2017年まで自ら宅建業も経営。戦前築のアパートの住み込み管理人の息子として育った。「賃貸住宅に暮らす人の幸せを増やすことは、国全体の幸福につながる」と信じている。令和改元を期に、憧れの街だった埼玉県川越市に転居。

ページのトップへ

ウチコミ!