ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
今日もどこかの街で美食探訪 ねこやま大吉のグルメ狩人

東京都(港区) 創業寛政三年『芝大門 更科布屋』 江戸の歴史と伝統を蕎麦で守り続ける(1/3ページ)

ねこやま大吉ねこやま大吉

2021/08/17

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

写真/ねこやま大吉(取材日7月23日)

五輪とブルーインパルス、そして蕎麦

2021年7月23日、世界が注目するなか、東京五輪が始まる。無観客で臨む大会だが航空自衛隊ブルーインパルスが都内を飛行するとのことで、一目見よう、いや見たいとルートを確認、密にならないポイントを探す。

57年ぶりの東京五輪。その飛行を自身で見るのは最初で最後になるはずだ。入間基地から練馬区・新宿区などを経て国立競技場上空で五輪を描き北区・足立区などを飛行して、再び港区から入間に戻るようである。諸々試行錯誤の末、ランドマークと日本らしいショットを狙うため、芝大門の増上寺を撮影エリアと決め、機材をセッティングする。

予測飛行通過時間は12:40。

澄み切った天まで突き抜けるような青い空、その時が来る。6機の編隊を組むブルーインパルスが東京五輪の開催を宣言するかのよう、機体からカラフルな帯をつけ飛行していく。いよいよ始まる東京五輪。

増上寺を中心とする芝大門付近は江戸時代、門前町として栄えた一帯である。庶民の寺社参拝が盛んになると、参詣者を目当てとした旅籠や商店、手工業者の店が集まるようになり、その後、江戸屈指の遊楽観光地となる。

同じエリア内に「芝大神宮」という由緒ある神社があるが、この時代境内で相撲や芝居を興行することを唯一許され大変賑わっていたという。そして歌舞伎でも有名な「め組の喧嘩」の舞台になるのもここ「芝大神宮」だ。文化二年(1805年)のある日、「め組」の辰五郎と長次郎、その知人である富士松が芝神明宮の境内で行われていた相撲見物の際、些細なことから力士・九竜山と弟子たちとの大喧嘩。火消したちは火の見櫓の早鐘まで鳴らして仲間に知らせ、その騒動はいまだに語り継がれている。

次ページ ▶︎ | 『芝大門 更科布屋』の三色そば

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

編集者・ライター

長年出版業界に従事し、グルメからファッション、ペットまで幅広いジャンルの雑誌を手掛ける。全国地域活性事業の一環でご当地グルメを発掘中。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。現在、猫の快適部屋を目指し日々こつこつ猫部屋を制作中。

ページのトップへ