ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

インドでの新型コロナ感染爆発とヒンドゥー教の関係(1/3ページ)

正木 晃正木 晃

2021/05/13

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎alekstaurus・123RF

信者数世界3位でも世界宗教にならないヒンドゥー教

インドの総面積は日本の8倍、人口は14億人近くあって、そのうちの85%がヒンドゥー教の信者である。ということは、ヒンドゥー教は12億人近い信者がいることになる。この数は、いわゆる世界宗教とされるキリスト教の22億人、イスラム教の18億人に次いで、第3位にランクされる。

ただし、ヒンドゥー教は世界宗教ではない。なぜなら、世界宗教は民族や地域を超えて信仰されている宗教と定義されるからだ。

ヒンドゥー教は、インドネシアのバリ島など、ごく一部に例外はあるものの、信者はほぼインド国内に限られるので、世界宗教ではない。ユダヤ教などと同じように、特定の民族や地域でのみ信仰されている宗教と定義される民族宗教のジャンルに入る。

また、ヒンドゥー教は世界最大の多神教でもある。ちなみに、仏教は世界宗教でしかも多神教のジャンルに入るが、その信者数は約5億人なので、ヒンドゥー教の半分以下しかない。

公認されている言語が21もあるインドの独自性

インドは現在、25州から構成されている。各州は政府と閣僚を擁して独立性が強く、それぞれがミニ国家の様相を示す。その原因の1つに、言葉の問題がある。

連邦公用語はヒンディー語だが、そのほかに憲法で公認されている言語が21もある。かなり多くの人々が使っている言語だけでも15以上あるため、インドの紙幣には17の言語が印刷されている。このような事情から、隣同士の州でも、言葉が通じないことが間々ある。

私自身もこんな経験をした。京都にある国際日本文化研究センターの研究会で、隣同士の州出身のインドの2人の研究者同士が、休憩時間中に流暢な日本語や英語で雑談していたので、理由を尋ねると、自州の言葉では互いに話が通じないから、と答えた。

確かに、インドの自然環境は、南北方向ではヒマラヤ山脈の寒冷地から赤道に近い酷暑地まで、東西方向ではパキスタンに隣接する乾燥地帯からバングラデシュを超えてミャンマーに続く多雨地帯まで、気候が大きく異なる。

次ページ ▶︎ | インド人同士の一体感とは 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

宗教学者

1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。専門は宗教学(日本・チベット密教)。特に修行における心身変容や図像表現を研究。主著に『お坊さんのための「仏教入門」』『あなたの知らない「仏教」入門』『現代日本語訳 法華経』『現代日本語訳 日蓮の立正安国論』『再興! 日本仏教』『カラーリング・マンダラ』『現代日本語訳空海の秘蔵宝鑰』(いずれも春秋社)、『密教』(講談社)、『マンダラとは何か』(NHK出版)など多数。

ページのトップへ