ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

日本人とマメの関係――豆まきの起源とそこに込められた願い(1/2ページ)

正木 晃正木 晃

2021/02/22

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎bee32・123RF 

大豆を栽培していたのは東アジアだけだった

日本には、季節ごとに行われる年中行事がさまざまある。その中には、時代の荒波に打たれて、もはやすたれてしまったものも少なくないが、一般の家庭でも根強く行われているのが節分ではないだろうか。

今年の節分は過ぎてしまったが、今回は「豆」の話である。とりわけ、日本人が豆とどう付き合ってきたか、話してみたい。

日本人にとって、豆は重要な食料だ。大豆は、未熟な状態で茹でて「枝豆」として食べるほか、完熟した状態から味噌・醤油・豆腐などに加工して食べてきた。小豆は主食のほかに、菓子類の原料ともなってきた。

現在の日本で食べられている植物のほとんどが外来なのに対し、大豆も小豆も珍しく日本原産で、野生のツルマメから栽培化されたらしい。縄文時代にはすでに栽培されていたことがわかっている。


大豆/©︎Tharakorn arunothai・123RF

意外なのは、20世紀の初めころまで、大豆を栽培して食べていた地域は、日本をはじめ、東アジアに限られていたことである。ところが、20世紀になると、油を採取する油糧作物や家畜の飼育に不可欠の飼料作物として、またたくまに世界中に広まった。20世紀の後半期になると、生産量が急拡大し、現在では、大豆と脱脂大豆を合わせた交易重量は、古くから世界最大の交易作物だった小麦と並ぶ量となっている。

そういえば、つい最近、アメリカと中国が貿易をめぐって対立し、そのあおりをくらって、アメリカ産の大豆が中国に入らなくなり、その結果、中国で豚肉が高騰している。こんなことは、半世紀前には考えられなかった。

これも多くの方には意外だろうが、インド人の食事から豆は絶対にはずせない。インド人は宗教上の理由もあって、ベジタリアンが多く、肉を食べたがらない傾向があるので、良質なタンパク質の供給源として、豆は欠かせないのである。

一番良く食べられているのはヒヨコ豆やレンズ豆で、カレーというより、スープ状あるいはおかゆ状にして食べる。ちなみに、日本でインド料理というと、ほとんど反射的に「ナン」を連想する方が多いと思うが、インドの庶民にとって、「ナン」は高級な食材であり、食べることはごく稀だ。

豆料理が多いということでは、中南米も人後に落ちない。そもそもメキシコあたりがインゲン豆の原産地なので、インゲン豆を使った料理にたくさんある。辛い唐辛子と一緒に煮込んだチリコンカンが代表例で、ブラジルのいんげん豆と肉を煮込んだフェアジョアーダも有名だ。

次ページ ▶︎ | 節分ではなく大晦日に行われていた豆撒き 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

宗教学者

1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。専門は宗教学(日本・チベット密教)。特に修行における心身変容や図像表現を研究。主著に『お坊さんのための「仏教入門」』『あなたの知らない「仏教」入門』『現代日本語訳 法華経』『現代日本語訳 日蓮の立正安国論』『再興! 日本仏教』『カラーリング・マンダラ』『現代日本語訳空海の秘蔵宝鑰』(いずれも春秋社)、『密教』(講談社)、『マンダラとは何か』(NHK出版)など多数。

ページのトップへ