ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

火災保険の申請代行トラブル多発 被害に遭わないために必要なこと(1/3ページ)

平野 敦之

2021/10/11

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎cherokee4・123RF

台風や水害などの自然災害が多発していることに伴い、火災保険の保険金の申請代行(請求代行)をして保険金請求サポートする業者とのトラブルが増えています。

実際、損害保険料率算出機構の発行する火災保険・地震保険の概況2020年度版をみても自然災害における保険金の支払い増加が近年顕著な状況です。

また、国民生活センターによると火災保険金が出るようサポートするなどという、保険金が使えると勧誘するいわゆる住宅修理サービスに関する相談が急増しています。

実際に2020年度の相談件数は19年度の2倍以上となり、21年度も前年同期を上回る相談が寄せられています。

このような悪質な業者がいる一方で、役に立ったという人もいるようです。

本来は加入先の保険会社に火災保険を請求すれば済む話ですが、自分で保険金の請求ができるか分からない、あるいは損害に気づかないケースもあるためなかなか難しいところもあるのです。

火災保険・地震保険の申請代行業者、住宅修理サービス業者とは

火災保険などの契約者に代わって、火災保険金の保険金の書類作成や請求申請を行う業者のことをいいます。

住宅の修理業者がこうした代行業を行っているケースも多く、本来火災保険の対象となる人が受け取る保険金から高額な申請代行手数料などを請求したり、本当は自然災害による損害でないのに嘘の申告をしたり、契約の解約に高額な解約料を請求されるケースなどもあるようです。

なかには住宅の修理代金として必要な金額を支払ったにも関わらず、着工されないなどさまざまなトラブルが発生しています。

火災保険とはいうものの、対象になるのは火災だけでなく台風や雪災、ひょう災、水災なども対象になります(但し、火災保険商品によって違いがあります)。また契約内容によるものの自然災害で建物が全壊したといった大きな損害だけでなく、雨どいが壊れたなどちょっとした損害でも対象になるケースもあります。

こうした一般の人には見落としがちなことや後からでも保険金請求ができることもあまり知られていません(通常は3年で時効)。

次ページ ▶︎ | 火災保険・地震保険の申請代行の仕組みとは? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

平野FP事務所 代表 CFP ®認定者、1級FP技能士、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

東京都出身。証券会社、損害保険会社を経て実務経験を積んだ後に1998年から独立して活動をはじめてFP歴20年以上。また相談業務を受けながら、中小企業の支援にも力を入れている。行政機関や大学での非常勤講師、企業研修などセミナーや講演も多数。メディアでの執筆記事も多く、WEBに公開されているマネー記事は550本以上。2016年にお金の情報メディア「Mylife Money Online」の運営を開始。主な著書に「いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)」がある。誰もが自分らしい人生を安心して豊かに過ごすため、「お金の当たり前を、当たり前に。」をモットーに活動中。「Mylife Money Online」のURLはコチラ→ http://mylifemoney.jp

ページのトップへ