賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

一人暮らしの食費を抑えるために自炊をしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
主婦

一人暮らしでは生活費をすべて自分で払わなければならないため、できるだけ節約をしたいですよね?生活費の中で特に節約をしやすいのが食費ですが、外食をやめて自炊にすることでかなり節約をすることができます。そこで今回は、自炊で節約するためのコツをご紹介します。

外食はコストが掛かる!

外食をすると、どんなに予算を抑えようとしても1食につき500~1000円程度は掛かってしまいます。飲食店の料理に付けられる値段には、材料の値段だけでなく、人件費や食事をする場所を提供するための場所代も含まれているため、それくらいの値段になってしまうのです。それに対し自炊であれば人件費は掛かりませんし、食事をする場所は自宅ですから場所代も必要ありません。コストの面で考えれば、外食よりも自炊の方がはるかに経済的であるといえるでしょう。

自炊をするための道具は安く買える

主婦

家族で暮らしている場合と違って、一人暮らしだと自炊をするためにはまず調理器具を買うことから始めなければなりません。自炊をするためには食材だけでなく、調理をするために使う鍋やフライパン、食器、さらに場合によってはガスコンロといった道具類を揃えるための費用が必要となります。しかし自分1人分の食事を作るためであれば大きな道具類は必要ありませんし、鍋やフライパンも数個あれば事足りるでしょう。それに最近では調理器具や食器類も、100円ショップで安く手に入れることができます。

まずは計画を立てよう

せっかく自炊をしようとしても、節約の成果がしっかりと感じられないと続ける気がしませんよね?一度自炊を始めたけど、途中で挫折してしまったという経験がある方も中にはいるのではないでしょうか。

そこでまずは、現在掛かっている1カ月あたりの食費を把握することから始めてみましょう。それを知った上で、目標とする額を設定することが大切です。

食費を節約するコツ

自炊をして節約するためにはいくつかのコツがあります。まず1つめは「3日程度で使い切れる分の食材を購入する」ことです。3日分以上の食材を購入すると、食材を腐らせてムダにしてしまう可能性が増えるからです。

もう1つはできるだけタイムセールなどを利用して、安く食材を手に入れることです。閉店間際の遅い時間にスーパーを覗いた経験がある方なら、売れ残りを防ぐために食材が割引になっている様子を目にしたことがあるかと思います。それらを利用すれば、食費にかかるコストを大きく削減することができます。自炊だからといって、高い食材ばかりを使用したり、大幅に食材のムダを出してしまえば予算をオーバーしてしまうことに繋がるので注意しましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!