賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

数千円の節約も!1人暮らしの節水術

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
貯金箱と電卓

賃貸住宅を借りて憧れの一人暮らしを始めた人にとって、毎月必要になる家賃や光熱費などは、今の生活を続けていく上で極めてリアルな部分です。安心して一人暮らしを続けていくためにも、毎月の支出はできるだけ低く抑えたいというのが本音です。その中でも生活スタイルによって節約しやすい水道料金について、節約のノウハウをご紹介したいと思います。

水道料金の仕組み

ご存じの方も多いと思いますが、水道料金は従量課金です。使った分だけ料金が加算されていく仕組みなので、節約すれば安く、ムダ使いをすれば高くなります。さらに、水道料金は使用量が増えるほど単価が上がっていくので、ムダ使いをすると水道料金は加速度的に高くなっていきます。やはり、できるだけ節水を心がけることが最大の水道料金対策と言えそうです。

節水の秘密兵器、節水コマ

「こまめに蛇口を閉めるようにする」「洗濯は風呂の残り水を使う」「洗い物はまとめて短時間に済ませる」など、日々の生活を工夫するだけでかなりの節水は可能です。しかしそれだけだと限界があるので、節水グッズも活用したいところです。最も有名なのは「節水コマ」です。蛇口の先につけておくと流れ出てくる水量を抑えてくれて、それと同時に出口を狭くすることで水の勢いを落とすことなく出してくれるという優れものです。体感的に水の出が悪くなったと感じさせることなく大幅な節水をしてくれるので、よく使う水道の蛇口に付けておくとかなりの効果が期待できます。この節水コマは自治体の水道局で無料配布していることがあります。インターネットなどで調べてみてください。

節水は大切な資源の保護と節約の一石二鳥

水道の蛇口

日々の生活で大量の水を消費するものと言えば、シャワーです。全身に浴びるほどの水を出しっぱなしにすることもあるので、これを工夫するとかなりの節水効果があります。節水コマと同様、シャワーヘッドを取り替えるだけで節水ができる節水シャワーヘッドがホームセンターなどで売られているので、これを利用しましょう。

もちろん、こまめにシャワーを止めるのも有効なので、こうした方法を組み合わせて節水を心がけると、かなりの節約効果となります。日々の取り組みが功を奏すと少なくとも毎月1000円以上、さらに効果が出れば2000円以上の節約も可能です。水という大切な資源を有効利用しながら毎月の水道料金の節約ができれば一石二鳥です。お財布と地球に優しい節水、ぜひ実践してみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!