賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

ファミリー世帯向け賃貸物件の探し方と家賃相場

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
家族

「賃貸物件」というと一人暮らし向けというイメージがありますが、ファミリー層でも賃貸物件を借りている方はたくさんいます。ファミリーの場合だと、少なくとも住人が一人ではないので家賃相場や初期費用もそれなりに高くなりますし、さらに子どもの教育環境や子育てのための施設や住宅設備といった、一人暮らし向けにはない物件探しのポイントがいくつもあるのです。そこで今回はファミリー世帯が賃貸物件を探す際のポイントと、家賃相場について解説したいと思います。

必要となる広さと家賃相場

まずは借りる物件の部屋の広さについてですが、夫婦に子ども2人の計4人という標準的な家族構成で想定すると、物件に求められる最低限の広さは2LDKや3LDKくらいとなります。子どもが小さいうちは子供部屋など必要ないかも知れませんが、成長するにつれて必要になってくるので、子どもが2人いる場合は少なくとも2つの個室が確保できる間取りが必要ということになります。

家賃相場については大都市圏の住宅地で今挙げたような物件を探すとなると、おおむね10~15万円くらいとなります。そしてその家賃を考慮すると、初期費用は50万円くらい必要になるかと思います。よくいわれているのが、月収に対して家賃を3分の1程度にするのが適切であるという「定説」です。そのことを踏まえると、仮に家賃10万円の物件であれば月収が30万円、そして15万円の家賃であれば月収が45万円というのが、無理なく家賃を支払っていける相場ということになります。

子どもがいる家庭が考慮すべき点

家族

ファミリー世帯が賃貸物件を探す際には考慮すべき点がいくつかあります。私学に通う場合は別ですが、基本的に子どもは地元の公立学校に通うことになるので、その学校の教育環境については重視すべきです。家族に未就学児がいる場合は、今後通うことになる学校の見定めと保育施設などについてよくチェックしておきましょう。

また車を所有しているファミリー世帯が多いかと思いますので、車を持っている場合は物件に駐車場が付いているかどうかもチェックしておきたいところです。駐車場の場所が遠いだけで生活にかなりの影響が出るので、物件探しの際には重視すべき条件の1つであるといえるでしょう。

こういった条件を満たしている賃貸物件となると、どうしても家賃が高くなりがちです。そのため物件の築年数などの「妥協できる部分」も物件探しを始める前に考えておくと、スムーズに賃貸物件を探しやすくなるかと思います。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!