ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

すべての親へ贈るエール 両親の離婚を娘の視点で切り取ったメッセージ(前編)(1/2ページ)

しばはし聡子しばはし聡子

2021/05/11

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎baranq・123RF

両親の離婚を体験した子どもの立場で、卒業研究では離婚をテーマにした論文を発表した20代の女性にインタビュー。子ども目線で切り取った親の離婚が及ぼす子どもへの影響や、思い、葛藤を話してくれました。

ーーまずはご両親の夫婦仲を子どもながらにどう見ていたのでしょうか。

小さい頃から両親がよく喧嘩しているな、と思って育ちました。私自身は、そんな両親をおとなしく見ているような子どもでした。一方で、小さいときの私は頑固でプライドが高く、よく泣く子だったみたいです。

母が主に育児をしていて、父は仕事が忙しくて子育てにそこまで協力的ではなかったと思います。ただ、親子関係は別に悪いわけではなかったと記憶しています。

両親は、ふたりだと黙っている感じで、ほとんど会話を交わしていなくて、でも話をすると揉める、というような感じでした。弟が野球をしていたので、それには両親ともについていったりはしていたのですが、必要最低限しか話していなくて、話すと揉める、の繰り返しのような感じでした。

食卓はみんなで囲んだことはほとんどなく、外食のときぐらいしか4人で食事をすることはなかったです。普段は父の帰りが遅かったので、私と母と弟3人で食事をして父は別という感じでした。

ーー離婚に至った経緯は何かきっかけがあったのでしょうか。

頻繁に喧嘩することはずっと続いて、私が高校2年生の冬、寝ようとしたら親が喧嘩しているのが聞こえたんです。そのときは「またしているな」ぐらいにしか思っていなかったのですが、そのうち喧嘩がエスカレートしていって。翌日にまた喧嘩をしていて。父が母に「出ていけ!」と言って、母は「出ていくわ!」といって、何も持たずに出て行ってしまったんです。そうなる以前に母から「離婚するかも」とは言われていたのですが、それが突然きて突然出て行ってしまった、という感じでした。

ーーその後、お母さまは帰ってこなかったのでしょうか。

自分の荷物を取りに2、3回は帰ってきましたね。そのときには会話もしたりはしたのですが、荷物を持ってすぐ出て行ってしまって、帰ってこなかったですね。どこにいるかも教えてはくれなかったです。ただその後に戸籍謄本を見て、今は分かっているんですが、いまだに母の口からは直接居場所は聞いていないですね。ただ、母とのやり取りについては、LINEは頻繁にしていて、半年に1回くらいの頻度で会っています。

母も何かあれば連絡をくれますし、お誕生日とかお正月とかには連絡をくれる感じです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談・面会交流支援やコミュニティ運営および講演・執筆活動中。 *りむすび公式サイト:http://www.rimusubi.com/ *別居パパママ相互理解のオンラインサロン「りむすびコミュニティ」 http://www.rimusubi.com/community *著書「離婚の新常識! 別れてもふたりで子育て 知っておきたい共同養育のコツ」️

ページのトップへ