ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

「相手の非を責める葛藤」をどう取り下げるか 自分と向き合って分かったこと(1/2ページ)

しばはし聡子しばはし聡子

2021/04/28

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©hetmanstock・123RF

離婚後も両親で子育てする共同養育を実践しているママのインタビュー。今回は自らの葛藤を取り下げ、元夫と仲のいいころに戻れたというママにインタビューしました。

―離婚に至ったいきさつを教えてください。

別居のきっかけは元夫の仕事上の理由からでしたが、その後夫婦トラブルに発展。元夫は、一度は家族としてやりなおしたいと家庭に戻ってきたこともありました。ただそれは夫としてではなく、父親としての話。私も元夫も、子どものために我慢をして家族というかたちを保つこともできたとは思います。でも、のちのち夫への愚痴が湧いてくるようなら、それは幸せなかたちではないと思ったんですよね。私は父親としてだけではなく、私の夫としても戻ってきてほしかったので。

―子どもと父親を会わせることに葛藤はなかったのでしょうか?

たぶん、通常なら会わせたくないと思ったでしょうね。でも、私が子どもたちから父親を奪うような主張をするのは「違うな」と思っていました。私と子どもは別の人間だし、子どもたちにとっては大切なパパなので。

もうひとつの理由は、元夫の両親は離婚していて、彼は母親一人に育てられたという経緯から。彼の父親は、子どもたちが中学生くらいになって以降、成人してからも会っていないそうです。

元夫は夫婦会議で話し合うたびに、「自分は父親とは違う」といっていたので、離婚しても子どもたちと交流を持ち続けたいのだろうと理解していました。もしかしたら、元夫は父親に会いたかったのかもしれません。だから、子どもたちにも好きなときに父親と会わせたいと思ったんですよね。

―共同養育への話し合いはどのように行われましたか?

頭に離婚がちらつき始めたとき一番心配していたことは、離婚したら子どもたちは父親を失ってしまうのではないかということでした。だから、自分なりに心理学や離婚について書かれた本を読んで情報を集めていました。

そのなかに「夫婦仲が悪い両親に育てられるより、シングルでも定期的に父親に会わせているほうが精神安定度の高い人になる」という記述を見つけたんです。夫婦関係は解消しても、親である2人が愛情を注いであげれば、子どもはよく育つ。それを知って安心しました。

その後、『離婚の新常識! 別れてもふたりで子育て』を読んで共同養育という概念を知り、私が漠然と持っていた考え方にぴったり合うなと確信。「離婚しても子育ては二人でしよう」と元夫に提案しました。

彼はすんなり納得してくれました。その後、お金のこと、具体的な子どもとの接し方を決め、元夫が覚書を作ってくれたのでサインをして。

基本的に週に1回くらい、子どもたちはパパと過ごします。月1~2回はパパがひとりで子どもたちの面倒をみて、彼の家に泊まります。学校や幼稚園の行事には私と一緒に参加しますし、4人で食事もします。この前は4人でカラオケにいきました(笑)。

これは離婚のあとで聞いた話ですが、私がもし「もう子どもたちには会わせない!」といったら、元夫は離婚に同意しなかったそうです。やはりこちらが意固地になるとあちらも意地を張るので、話し合いのときに共同養育の存在を知って落ち着くことができたのは本当によかったですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談・面会交流支援やコミュニティ運営および講演・執筆活動中。 *りむすび公式サイト:http://www.rimusubi.com/ *別居パパママ相互理解のオンラインサロン「りむすびコミュニティ」 http://www.rimusubi.com/community *著書「離婚の新常識! 別れてもふたりで子育て 知っておきたい共同養育のコツ」️

ページのトップへ