ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

社会の「分断」を生み出す理由とそれを防ぐ方法(1/2ページ)

遠山 高史

2021/08/27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎alexstockphoto21・123RF

常に繰り返されてきた「分断」

「分断」という言葉をよく耳にするようになった。

トランプ氏がアメリカ大統領在職中は、アメリカ分断の危機だといわれたし、イギリスのEU離脱の報道も、「分断」がキーワードとして使用されていた。未だ続くコロナ禍中、この「分断」という言葉が、より強調されているようだ。そもそも、分断とは、なんなのだろうか。

単語の意味自体は「断ち切って別れ別れにすること」とあるが、何をもって分断とするか、視点を変えるとその定義は曖昧になる。

分断の対義語は「統合」というところであろうか。しかし、そもそも人類が真の意味で統合できたことがあっただろうか。一見集団として成り立っていても、それを構成する一人ひとりは、実に個性豊かで、それぞれが異なる意思を持って活動している。

会社組織を例にとると分かりやすい。

集団そのものは、営利を目的とし、同一の方向に向かって運営されてはいるが、そのなかで働く人間には、役割がそれぞれあり、考え方も行動も異なる。もちろん、階級も存在する。平等ではないし、公平でもない。そして派閥があり、対立する。社内抗争で負けたほうが社を辞めて、新たに法人を設立するというような話は多い。

これは今に始まったことではなく、原始の頃から、人間は格差を利用し、時に分断し、分断され、歴史を紡いで来た。

批判を恐れずにいうと、揉め事と分断は、社会と切り離すことはできず、それは、格差によってもたらされる。そして、その不満が分断の起爆剤となるのだ。

先人たちの足跡をたどれば、それは国家に限らず、家族や友人関係というような小さなコミュニティでも基本的には同じで、乱暴な言い方をすれば、我々は常に何かを分断し、何かから分断されているということになる。

次ページ ▶︎ | “無理矢理に押しつけられる”情報 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

精神科医

1946年、新潟県生まれ。千葉大学医学部卒業。精神医療の現場に立ち会う医師の経験をもと雑誌などで執筆活動を行っている。著書に『素朴に生きる人が残る』(大和書房)、『医者がすすめる不養生』(新潮社)などがある。

ページのトップへ