賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

BOOK Review『筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』高松康平/著

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ビジネスマンとして成長するうえで欠かせないスキルの一つが、問題解決能力だ。

問題解決能力とは、課題をクリアするために必要なものやことを考える力。ビジネスは、地道な問題解決プロセスの繰り返しともいえる。

問題解決能力がビジネスの基本スキルであることは、多くの人が認識している。書店では、問題解決スキルを身に着けるための書籍が山のように売られているし、パソコンで検索すれば、問題解決に役立つとされるフレームワークも多数閲覧できる。にもかかわらず、問題解決能力を身に着けるのに苦戦している人が多いのが現状だ。

「良い」といわれるフレームワークに沿って思考をめぐらせてみたものの、なかなかアイデアが浮かばず、思考の迷路にはまって抜け出せなくなる。そんな経験をした人もいるだろう。そんなことを繰り返すうち、「問題解決能力は結局、経験やセンスに左右されてしまうのではないか」という不安にさいなまれ、ますます焦燥感を募らせたことのある人も少なくないはずだ。

本書は、その不安に「ノー」を突き付ける一冊。「筋の良い仮説を生む 問題解決の『地図』と『武器』」というタイトル通り、ビジネスマンを思考の迷路から救い出す、問題解決の攻略本ともいうべき書籍だ。

著者は、経営指導や人材育成教育を行うビジネス・ブレークスルーで、毎年5000人の次世代リーダーが受講する問題解決力の講座責任者を務める、問題解決のスペシャリスト。既存の問題解決関連の書籍や講習が、現場のビジネスパーソンのニーズに応えられない原因は、多くのフレームワークがバラバラに紹介されているために全体を俯瞰できないこと、仮説の作り方が丁寧に解説されていないこと、多くが若手向けで簡単すぎることにあるとの問題意識から、それらの欠点をカバーする、次世代リーダー向け問題解決カリキュラムをゼロから構築。そのエッセンスを凝縮したのが本書だ。

思考の迷路にはまらないようにするためには、現状、自分がどこにいて、どこに向かうべきかを把握するための「地図」が必須だ。本書では、問題解決を 現状分析/問題認識/情報収集/課題抽出/解決策の方向性/アイデア創出/評価 の7つのプロセスに分けた「問題解決マップ」を提示。それぞれのプロセスで役立つ思考のコツやポイントを「武器」として紹介している。

紹介されているプロセスとフレームワークは、どれも具体的かつ明快。何より、「自分にもできそうだ」と思えるところがよい。

また、本書が既存の書籍と大きく異なるのは、ビジネスリーダーに求められる問題解決力をテーマとしている点だ。先行きが不透明な時代、目の前にある事実から考えうる結論を導き出すだけでは不十分で、事実を基に、筋の良い仮説を生み出せなければ、問題解決にはたどりつけない。そして、筋の良い仮説を生み出す能力は、一朝一夕では身につかない。だからこそ、リーダーになる前から、一段高い視点を持って問題解決に取り組むべきだという著者の指摘には説得力がある。

著者自身、いくら考えても思考が進まず、徹夜をしても、同じことをぐるぐると考えているだけで時間が過ぎ、苦しい思いをしたことがあるという。そうした苦しさを乗り越え、さまざまな課題を解決してきた体験が裏打ちされているからか、文章の端々から、悩みながら歩く読者へのエールのような〝熱〟が感じられ、背中を押される思いがする。

コロナ禍の中、普段通り仕事ができている人も、そうでない人もいるだろう。仕事は、社会と個人とをつなぐものの一つだ。どんな状況下でも、仕事を通じて社会をよりよくしたいという思いをもち、ビジネスマンとしての能力を磨き続けたい。本書は、そうした思いを受け止め、前に進む力を与えてくれる一冊だ。
 
『筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」』高松康平/著
朝日新聞出版刊
定価:1760円(税込)

(文/ウチコミ!タイムズ編集部)

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

不動産オーナーが直接賃貸募集ができるウチコミ!タイムズ編集部です。 ウチコミ!には不動産投資家同士による個人間売買が可能なウチコミ!売買REVOもあります。

ページのトップへ

ウチコミ!