ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

猫よけ水入りペットボトルはまったく効果なし むしろ問題が多くなる(1/2ページ)

山本 葉子

2021/08/25

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎leoba・123RF

海外から伝わった? 猫よけペットボトルの効果

「住宅周りにペットボトルを置くのは、猫避けになりますか?」

このようなご質問を、年間通じていただきます。

それぞれの地域には特色があって、気候や地形による建造物の個性があり、街によって建物の様子が違っています。ですが、日本全国どこに行っても住宅周りの均一アイテム(?)のように、ペットボトルが置いてあるのを見かけます。

なかには、戸建てのおうちの壁沿いに並べられ、アパートの入り口に揃いのボトルが並ぶ。大規模マンションでも綺麗な植栽の外側にずらりと並べられているということもあります。

また、狭い私道の両脇。駐車している車の横。隣の家との壁の間にも……。

ペットボトルを置いている途中で芸術欲が湧いてきたのか、量といい形状といいもう立派なオブジェのようになっているものまであったりします。


よくある家の周りのペットボトル 

こんな「水の入ったペットボトル」を見かけるようになったのはいつの頃からでしょうか。なかった時代を想像しにくいほど、どこに行っても、もはや水入りのペットボトルは住宅地にあるのが当たり前のようになっています。

個人ブログかなにかに「これは犬の散歩をする人のために、親切な住人が用意しているんですよ」と(多少皮肉まじりに)書いていたものを見たこともありますが、もちろん、これはウソ。犬の散歩中の排尿を洗い流す目的で置いてあるわけではありません。

これほどの情熱を傾けて(傾け続けて)水入りのペットボトルを並べる理由について、

「キラキラしているから」

「並べておくとトイレがしにくいから」

「猫はこれ嫌いだって聞いたので」

というお答えが返ってきます。

そもそも水入りペットボトルが置かれるようになったのは、海外の方が

「水入りのペットボトルは猫避けになる」

と発言されたのによるそうですが、どのように日本中いたるところ広範囲に「猫避けペットボトルの設置」が伝わっていったのかは謎です。

次ページ ▶︎ | 猫よけにペットボトルはいいことはない 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

NPO法人東京キャットガーディアン 代表

東京都生まれ。2008年猫カフェスペースを設けた開放型シェルター(保護猫カフェ)を立ち上げ、2019年末までに7000頭以上の猫を里親に譲渡。住民が猫の預かりボランティアをする「猫付きマンション」「猫付きシェアハウス」を考案。「足りないのは愛情ではなくシステム」をモットーに保護猫活動を行っている。

ページのトップへ