賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

「消滅可能性都市」に若者が集まる新スポット誕生!

空き家率No.1の街で元パチンコ屋を“超人気”ゲストハウスにリノベーション!

高橋 洋子

2016/06/09

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

10年もの間、空きビルだった1棟を大改装!

10年以上空室だったビルをリノベーションしたゲストハウス「MARUYA」

空き家率全国トップの街はどこか、みなさんはご存知ですか?
実は、「誰もが知っている」といっても過言ではないあの街がいま、空き家率全国1位の「消滅可能性都市」のひとつになっています。

品川駅から新幹線で38分の熱海。古くから温泉街として愛されてきた街です。駅前の商店街は観光客や地元住人でにぎわっているものの、駅から5分ほど歩くとシャッターが閉まったままの店が建ち並んでいます。

実は、熱海市の空き家率は50.7%と全国1位。なんと2軒に1軒が空き家という状態です。さらに特筆すべきは、熱海市の高齢化率の高さです。人口減少に伴い高齢化が進み、平成22年の国勢調査によると市民の半数は60歳以上ということです。

この数値から「熱海は30年先の日本の姿」であるといわれていますが、そんな街の一角に若者が集まる新スポットがあります。

それは、パチンコ屋さんが撤退した後、10年以上空室になっていたビルをリノベーションしたゲストハウスです。

このゲストハウスを手がけたのが市民プロデューサーの市来広一郎さん。人口減少、空室率が目立つ熱海に、再び人が集まるような場をつくろうと、市来さんがプロデュースした場所、それが、ゲストハウス「MARUYA」です。
熱海を愛する男が立ち上がり、手がけたこのゲストハウスについて、もう少し詳しくご紹介していきましょう。

1部屋1部屋異なる内装がユニーク!

すべて内装が異なる部屋は、遊び心が満載!

リノベーションのためには決して少なくない費用がかかります。実は、その費用の一部(170万円)は、クラウドファンディングで集めています。
クラウドファンディングを利用するメリットは、資金調達だけではありません。インターネットを利用して、より多くの人に、新たにオープンするゲストハウスの存在を知ってもらうための広報活動の役割も果たす利点があります。

このゲストハウスのおもしろい点は、1部屋1部屋、内装が異なること。「熱海」と文字が書かれた部屋やフクロウの壁紙のお部屋など、遊び心があります。

キッチンやトイレ、シャワールームは共用です。近隣に立ち寄り温泉がたくさんあるため、浴槽は設けていません。熱海という土地のメリットを生かしながら、必要最低限のリノベーションに抑えている点もコストダウンのポイントといえます。
こうしたコストダウンの成果か、1泊4000円ほどで宿泊できます。

ゲストハウス「MARUYA」のテーマは、「泊まると熱海がくせになる」。「ゲストとまちの人、まちの暮らしをつなぐ役割を果たす場所」として、ただ宿泊ができるだけではなく、季節ごとに街の魅力が伝わるイベントを企画している点も旅行客を楽しませてくれます。

季節ごとにいろいろなイベントが行なわれている

元証券会社をカフェにリノベーション

上の写真をご覧ください。このおしゃれなカフェは、ゲストハウス「MARUYA」の斜め向かいにあるのですが、実は、元証券会社の入っていたビルなのです。
実は、ここも「MARUYA」と同じく市来さんがリノベーションを手掛けています。証券会社が撤退し、空室になっていたところを「Cafe RoCA」に生まれ変わらせました。
 
「MARUYA」と「Cafe RoCA」のどちらも、もともとのビルの趣をどこかに残しながらも、ガラリと新しく建物のコンセプトを刷新させたことで、新たな街の観光の拠点へと生まれ変わっています
古い空きビルも、アイデア次第で若者や観光客が集まる魅力的な建物へと生まれ変わることが伝わってきますね。

現在、ゲストハウス「MARUYA」では、スタッフ募集中だとか。旅やゲストハウスが好きな方、街や旅、人が好きな方と関わることが好きな方はぜひゲストハウス「MARUYA」( http://guesthouse-maruya.jp/ )、「Cafe RoCA」( http://caferoca.jp/ )へ!

(参考記事)
480坪の一戸建てがたったの1円!? 前代未聞の「1円不動産」
http://sumai-u.com/?p=5412

足立区の198万円戸建てを予算100万円台でリフォームした方法
http://sumai-u.com/?p=7034

大田区で150万円の空き家が、リノベーションでハンモックのあるオシャレな家に再生!
http://sumai-u.com/?p=5810

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

暮らし研究所エメラルド・ホーム代表

暮らしのジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 1979年岐阜県生まれ。 情報誌の編集、フリーライターを経て現職。空き家をリノベーションし、安くマイホームを購入した経験から、お得なマネー情報の研究に目覚め、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。講演・執筆・FP相談を通じて、家探しの基本から中古住宅の価値向上とリノベーションの魅力を伝えている。空き家活用に関するセミナーは3年でのべ2000名が参加し、「わかりやすくて、おもしろい。勇気がもらえる」と幅広い世代から好評を得ている。著書に『家を買う前に考えたい! リノベーション』(すばる舎)、『100万円からの空き家投資術』(WAVE出版)など。

ページのトップへ

ウチコミ!