ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

冬休みに子どもを連れて別居しようと考えているママへ〜共同養育コンサルタントしばはし 聡子コラム〜(1/3ページ)

しばはし聡子

2018/12/12

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/123RF

夫との生活がもう無理…。話し合いをしようとしても高圧的に言い返される、私の意見をまったく聞いてくれない、感謝の言葉もまったくない、常に私を下に見るような口調、もうモラハラに耐えられない!など、そんな思いが限界に達し冬休み中に子連れで家を出ようと考えているママさん、もし決行しようと思っている方がいたらちょっと立ち止まってみてください。

そのあとの子育て、どのようにしていきますか。別居のことをお子さんにきちんと話していますか。祖父母に見てもらえば、物理的に困ることはないかもしれませんし、母親にとっては無事引越しが済めばまずは一安心ではありますが、突然環境が変わる子どもの気持ちは?

■突然の別居を選択する妻のきもち

夫が意向を聞いてくれない、怖くて意見が言えない、そのような状態が続き、夫と一緒に生活するのは精神的にもう限界!別居が頭をよぎり出すことも。行政や弁護士に相談すると子どもを連れて別居をした方がいいと言われ、夫が留守の間に別居しようと決断するケースも少なくありません。

もちろん、身体的暴力などの場合は適切に保護されることが必要ですが、そうではない場合、子どもがいる以上は、その後の父子の関係も視野に入れておかなくてはいけないものの、まずは家を出なくてはと必死になってしまうのも現状です。

次ページ ▶︎ | 子どものきもち

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談・面会交流支援やコミュニティ運営および講演・執筆活動中。 *りむすび公式サイト:http://www.rimusubi.com/ *別居パパママ相互理解のオンラインサロン「りむすびコミュニティ」 http://www.rimusubi.com/community *著書「離婚の新常識! 別れてもふたりで子育て 知っておきたい共同養育のコツ」️

ページのトップへ