賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

「お弁当作家」小川真樹のステイホームランチ――二度目もおいしい! つゆだく牛丼の炊き込みご飯弁当

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

「牛めし炊き込みご飯弁当」 写真/小川 真樹

二度目もおいしい!つゆだく牛丼の炊き込みご飯弁当

こんにちは。お弁当作家の小川真樹です。毎日自分用と春休みの子どもたち用にお弁当を作っています。

さて、今回は牛丼を炊き込んだ「牛めし炊き込みご飯弁当」を紹介します。

我が家の牛丼は、翌日のリメイク用に具材多め&「つゆだく」で作ります。具材は牛肉、ごぼう、しらたき、玉ねぎ。牛肉はバラ肉の切り落としを使いました。脂の甘味が出るうえに、煮込んでも硬くなりにくいのでおすすめです。

牛丼ができ上がったら、煮汁と具材はあらかじめ取り分けておきます。

具だくさん・つゆだく牛丼の作り方はこちらです。炊き込みご飯用の煮汁を含むので全体的な調味料の量は、普通の牛丼の2倍になっています。炊き込みご飯を作らない場合は、調味料の量をすべて半量にしてください。

具だくさん・つゆだく牛丼 材料(2人分)         

●牛肉切り落とし 200~250g
●玉ねぎ 150g
●しらたき 100g
●ごぼう 30g
(調味料)
●水 400ml
●砂糖 70g
●醤油 100ml
●みりん 大2
●酒 大2

作り方            

●下準備
玉ねぎはくし切りにする。ごぼうはそぎ切りにし、酢水につけておく。しらたきはざるに入れてさっと水洗いし、熱湯で1分ほどゆでる。適当な長さに切る。

① 鍋に、水、砂糖、醤油、みりん、酒を入れる。同時にくし切りにした玉ねぎも入れる。

② ①が沸騰してきたら、しらたき、ごぼう、牛肉をほぐしながら加える。

③ 牛肉の灰汁を取り除きながら弱火~中火で15分ほど火を通す。

④ でき上がり!

以上の牛丼から、煮汁と具材を取り分けておきます。前日の晩御飯の残りのツナポテトサラダと漬物も添えましょう。

牛丼炊き込みご飯 材料(2合分)         

●米 2合
●取り分けた煮汁 2合分(約400~450ml)
●具材 150g
●紅ショウガ 35g

作り方            

●下準備
米は洗って、30分ほど浸水させおく。一度ざるに上げて水気を切る。
① 炊飯釜に米を入れ、2合の目盛りまで煮汁を注ぐ。
② 米の上に、取り分けた具材(具材が大きいようなら適当な大きさに切っておく)と紅ショウガを乗せる。
③ 炊飯する。*具と米をかき混ぜないように。かき混ぜると米が均等に炊飯されません。
④ ご飯が炊けたらさっくりとかき混ぜる。

お好みで紅ショウガやトウガラシを乗せていただきます!

牛肉のうまみがしみ込んだご飯と紅ショウガがよいお仕事をしてくれます。ごぼう、しらたきの食感も相まってご飯が進みます。食べ応えがあるので、おかずがなくても十分満足感が味わえます。煮汁多めに作る価値がありますよ!

「お弁当作家」小川真樹のステイホームランチ
簡単リメイク! 唐揚げ酢鶏弁当
色がよければバランスもよし! 「バイキングのっけ弁当」
テレワーク・オンライン授業のお昼には「リメイクおうち弁当」がオススメ!
おうちで食べるから餃子もあり! 残った餃子の具で作るお弁当

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

お弁当作家  

栄養バランスはもちろん、かわいい弁当をつくることで主婦などから支持される「お弁当作家」。その色彩豊かなお弁当づくりには国内だけではなく、海外からも注目され、日本独自の「Bento」文化を牽引。メディア出演は『NHK Bento Expo』(毎週火曜ON AIR)、著書に『Yum Yum Bento Box 』(アメリカにて出版/英語、フランス語、韓国語)、『かわいキャラクターのお弁当』(ブティック社 刊)、『Yum Yum Bento Box All Year Around』(アメリカにて出版/英語)、『Ultimate Bento』(アメリカにて出版/英語)などがある。

ページのトップへ

ウチコミ!