賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

失敗しない中古マンション投資では信頼できる営業担当者をつくること

斎藤岳志

2020/06/12

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

物件選びは“人”を雇い入れるのと同じこと

中古マンション投資での物件選びでは、エリア、立地、物件の程度、設備など自分自身で行わなくてはならないチェックポイントは数多くあります。しかし、失敗しない物件選びをするには、自分一人だけではできないこともあります。もちろん、私のようなFPに相談することも1つの方法ですし、マンション投資を行っている経験者の話を聞くのはとても役立ちます。これに加えて忘れていけないのは、不動産会社の営業担当者とどう向き合い、付き合うかということです。

大家業にとって、物件選びという行為は自分の代わりに働いてくれる“人”を雇い入れいるようなイメージだと私は思っています。人には、例えば見た目にカッコよい人、何事も合理的な人、最新の情報やスキルを持った人、年齢を重ねていてもそれが魅力になっている人などがいます。これは物件も同じではないでしょうか。物件も見た目がとてもカッコのよいデザイナーズの物件、部屋は狭いけれど合理的な間取りになっている物件、最新設備が整った物件、見た目は古くてもそれが魅力になっている物件などなど……。すべてにおいてパーフェクトな物件はほとんどないのではないでしょうか。それが中古物件ならなおさらのことでで、どんな物件もよいところもあれば、欠点もあります。物件にはそうした善し悪しがあって、それが個性になっている。これこそが不動産に同じものがないといわれる所以なのだと思います。

 

客観的な目、欲しい情報を集めてくれる営業担当者を味方にする

しかし、物件探しをしているときはどうしても、マイナス部分、プラス部分に目がいってしまい客観的に見えなくなることがしばしばあります。そんなときに客観的な見方をしてもらえる、あるいは迷ってときに背中を押してもらえる存在が不動産会社の営業担当者のアドバイスということがあります。また、自分ひとりだけでは、物件それぞれの個性がどのようにしてできたのかその物件の来歴を知ることはできません。もちろん、物件の購入をするにあたっては物件に関する資料をもらえます。とはいえ、その資料だけではわからないこともたくさんあります。

例えば、前回、そこの住む人たちを知るにはゴミ置き場や自転車置き場を見ることで把握できるというお話をしました。とはいえ、なぜそうなったのかという理由があるかもしれません。こうしたちょっとした疑問やさらに詳しいことを知るにために、確認や調べてもらうために頼りになるのもやはり不動産会社の営業担当者なのです。

私の場合は、最初の物件を購入したのが賃貸管理会社が保有している物件でした。そして、そのまま管理もこの管理会社に任せています。その後も、この管理会社を通じて物件を購入し管理も任せるというスタイルになっていて、よきアドバイザーになっています。これはとてもラッキーだったかもしれません。しかし、こうした管理も行っている不動産会社やデベロッパーから購入するというのも1つの方法と言えるでしょう。
前に言ったように、賃貸物件は大家業にとってお金を稼いでくれる“人”を雇い入れいるようなものです。

そんな大事な物件(人)を採用する際に、アドバイスをもらえる営業担当者をつくることはとても重要で信頼できないようであればはっきり言って代えてもらう。場合によっては違う不動産業者にしてもよいと思います。いずれにしても、物件探しではそんな信頼できるパートナーとなりうる営業担当者を作ることはとても重要なポイントです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

FPオフィス ケセラセラ横浜代表 百貨店在職中にファイナンシャル・プランナーの資格を取得。税理士事務所、経営コンサルティング会社などを経て、FPオフィス ケセラセラ横浜を開設、代表を務める。 マイホーム購入・売却相談のほか、不動産投資のサポートも行なっている。株式投資やFXなど一通りの投資を実践した後、2007年より不動産投資をスタート。現在は、自らの資産運用はほとんど中古マンション投資に絞って取組んでいる。

ページのトップへ

ウチコミ!