男性の一人暮らしの家賃の目安は実際どれくらいが良い?

女性

一人暮らしをする上で大きな存在となるのが「家賃」です。 家賃についてしっかりと考えずに物件を選んでしまうと、その後家計の大きな負担となってしまうこともあります。 一人暮らしの家賃は、どの程度を目安とするのが良いのでしょうか。 その考え方についてお伝えします。

家賃の目安

まずは一人暮らしの20代前後の方における平均家賃額をご紹介します。

  • 首都圏・・・約7万5000円
  • 東海エリア・・・約5万5000円
  • 関西エリア・・・約5万8000円

エリアによって異なりますが、5万円~7万円程度の物件で一人暮らししている方が多い様です。 さて一人暮らしの家賃の目安ですが、一般的には「収入の3分の1程度」が目安と言われています。この収入の3分の1を超えた家賃としてしまうと、生活が緊迫してくるおそれがあります。

現実はもっとシビア

男性

一般的な目安は「収入の3分の1程度」だとお伝えしましたが、実際に一人暮らしをするとなると家賃以外にもさまざまな出費がかさむため、3分の1であってもシビアな生活となる場合があります。

例えば月の収入21万円、家賃が7万円(収入の3分の1)の方が一人暮らしをした場合、月々以下のような出費が伴います。

  • 家賃・・・7万円
  • 食費・・・約4万5000円(1日1500円程度の場合)
  • 交際費・・・約1万円
  • 光熱費(水道、電気、ガス)・・・約1万円
  • 通信費(プロバイダ料金+携帯料金)・・・約1万円
  • 日用消耗品(調味料、洗顔料など)・・・約1万円
  • 日用サービス(散髪、クリーニングなど)・・・約5000円
  • NHK受信料・・・約5000円
  • 各種任意保険料・・・約5000円
  • 計・・・17万円

これらの費用は必須項目となり、この時点で17万円の出費、残りは4万円しかありません。その残ったお金を、娯楽品の購入、趣味の会費、車の維持費、通院費など個人的な事に充てていかなくてはならないので、かなり緊迫した生活が予想されます。

実際はどのくらいの家賃が良いか

このように一人暮らしをすると家賃以外にもさまざまな出費が伴います。 したがって、実際は「収入の4分の1程度」を目安とするのが懸命だと言えるでしょう。 特に、生活に余裕を持たせたい方、将来のために貯蓄をしたい方、会社で家賃補助などが受けられない方などは、家賃は必要以上に抑えていくことをおすすめします。

このように一人暮らしでは何かと出費がかさみますので、家賃を甘く考えてしまうと生活費が危うくなることがあります。 部屋の質というものも一人暮らしには大切な部分となってきますが、かといってあまりに高めの部屋を借り生活ができなくなってしまっては元も子もありません。 家賃は必要以上にシビアに見た方がよいかもしれませんね。

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら
ウチコミ!
大家さんが直接掲載するから、全物件仲介手数料無料