賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

三井不動産が産業創出を加速 ロボットやドローンなどのモビリティの開発をサポートする「KOIL MOBILITY FIELD」を6月15日にオープン

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

写真/「KOIL MOBILITY FIELD」外観

三井不動産が「柏の葉スマートシティ」で産業創出を加速させる。公民学連携で街づくりを推進する柏の葉スマートシティ「イノベーションキャンパス地区」内で、 開発途上のロボットやドローンなどのモビリティの開発をサポートする「KOIL MOBILITY FIELD」を6月15日にオープンする。

柏の葉スマートシティでは 「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」をテーマに、 柏市や三井不動産が中心となりスマートシティ構想を推進。柏の葉スマートシティ「イノベーションキャンパス地区」内には、2014年4月に開業した新たな産業を生み出す企業が集積する施設「KOIL」、21年1月に開業した産業創出拠点としての賃貸オフィス「KOIL TERRACE」がある。

今回オープンするKOIL MOBILITY FIELDにはドローンや自動運転など、ロボット開発の検証の場が複数用意される。この背景には、ドローンや自動運転の検証において公道を利用する際、行政への手続きなどに時間がかかり、開発にスピード感を求めるベンチャー企業のニーズに応えられないという問題があった。また、ロボットをテストできる検証フィールドが首都圏で少ないという問題もある。これらを解消するために、都心部からのアクセスも容易な柏の葉スマートシティ内にKOIL MOBILITY FIELDを展開することにより、多くの大学や企業の研究開発を促す。

KOIL MOBILITY FIELD(千葉県柏市正蓮寺393番地 中央135街区1内)の施設概要は次の通りとなる。


KOIL MOBILITY FIELD 施設構成

■ 「モビリティサーキット」(全長400メートル  幅員7メートル)
自動運転、走行中ワイヤレス給電、歩行支援ロボットなどのマイクロモビリティ開発
■「ドローンフィールド(緩衝ネット付飛行テスト施設)」(23メートル×18メートル ×高さ9メートル)
水素燃料電池ドローン、 有人ドローンなどの開発
■「草刈りフィールド」(1245平方メートル)
ロボット草刈機の開発
■「作業室(トレーラーハウス)」
モニターや充電環境を備えたコントロールルーム
■敷地面積(6545平方メートル)

同時に三井不動産では産業創出に向けた支援体制を盤石にする。サービス実証フィールドである「イノベーションフィールド柏の葉」におけるプロジェクトの受け入れ体制を強化。ラボ会員へはMicrosoft Azureのサブスクリプション無償枠提供を開始する。

KOIL MOBILITY FIELDには今後も開発・実験をサポートする各種施設がオープンされる予定だという。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!