ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

オフィス賃貸ビル592棟の賃料 都心オフィス坪単価マップ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

【2021年5月20日発表】
株式会社ヒトカラメディア(本社:東京都世田谷区、代表取締役:高井 淳一郎、以下 ヒトカラメディア)は、都内の100坪〜300坪の賃貸オフィスビル592棟の空室フロア状況を調査し、「都心オフィス坪単価賃料マップ」を公開いたしました。コロナ禍の影響において大きな影響が及んでいるオフィス賃貸市場の2021年5月時点での最新状況の把握、および市場分析の一助になれば幸いです。

◆都心オフィス坪単価賃料マップ作成の背景

新型コロナウイルス感染防止の観点から、首都圏の企業は「出社率7割減」が推奨されています。依然としてリモートワークの推進が求められてる中、賃貸オフィス市場へも大きな影響を及ぼしています。

企業にとってオフィスの在り方が変わる中でオフィスの賃料相場に起きている変化を明らかにするため、100-300坪のビルを中心に賃貸オフィス市場の情報の調査と動向分析を行い、都心オフィス坪単価マップを作成いたしました。同じエリア内でも大型高層ビルと小型ビルというようなグレードの違いや、築年数によって相場価格に開きが生じるため、<築浅・S級ビルを含めた坪単価MAP><築浅・S級ビルを除いた坪単価MAP>の2種類の坪単価MAPを公開しています。

<築浅・S級ビルを含めた坪単価MAP>

<築浅・S級ビルを除いた坪単価MAP>


2021年5月版_坪単価相場MAP_築浅・S級除く

※築浅=築10年未満竣工のオフィス
※S級=知名度のあるランドマークビルや超高層ビル(S級ビルしかないエリアについては坪単価を変えていません)

◆都心オフィス坪単価賃料マップから読み取る、市場の変化と傾向

都心オフィス坪単価賃料マップと合わせて、市場の変化・傾向をまとめた詳細記事も公開いたしました。マップから読み取れるポイントを基に、現在のリアルな賃貸オフィス市場の状況をお伝えしています。都心オフィス坪単価賃料マップのPDFデータのダウンロードも可能ですので、ぜひご覧ください。

▼市場の変化・傾向についてのポイント

・築10年未満の物件に空室が増えて相場を引き上げている
・マーケットリーダーのハイグレードオフィスの空室が増え、相場が引き上がっている
・相場の安いエリアに内装付きオフィスが徐々に増え、相場を引き上げている
・再開発が進んでいる虎ノ門・神谷町エリアは相場が上がっている
・渋谷・新宿は主要エリアの中で特に空室が多い
・リーズナブルな価格で再び五反田エリアが再熱か

 ▼詳細はこちらからご覧ください

・592棟のオフィスビルを徹底調査。都心オフィス坪単価賃料マップを作成しました!(2021年5月版)
https://hitokara.co.jp/posts/20210520-office-price-map

◆会社概要
株式会社ヒトカラメディアについて
商号         :株式会社ヒトカラメディア
代表者        :代表取締役 高井 淳一郎
所在地        :東京都世田谷区北沢2-5-2 下北沢ビッグベンビル B1F
設立         :2013年5月15日
事業内容       :オフィス移転サポート、空間プランニング、ビルオーナー支援
宅地建物取引業免許  :東京都知事(1)第105551号
資本金        :3,000,000円
公式サイト      :https://hitokara.co.jp

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

住宅、リフォーム、不動産市況・レポート、不動産テック、ガジェット、インテリアなど住まいに関連する各企業の報道発表資料、および国・自治体の制度や取り組みなどの報道発表資料を配信します。

ページのトップへ