ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

助成総額1億4878万円。「みてね基金」が新型コロナウイルスに伴う影響で困難な状況にある家庭を支援する24団体に資金提供(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)、Vantageスタジオは2020年4月13日に設立した「みてね基金」の第一期1回目の助成先24団体を決定したことを6月3日に明らかにした。助成総額は1億4878万1918円。

「みてね」はミクシィのVantageスタジオが提供する家族向け写真・動画共有アプリで700万人以上が利用、アプリを展開しているアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアでも14団体に対して100万ドルの寄付を実施(20年4月24日)している。今回の助成額と合わせると日本円にして総額2.5億円の資金提供をしたことになる。

この「みてね基金」は、子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決に向けて活動する団体に対し、資金の提供および助成先団体の活動支援を行う目的で設立されたもの。主に難病・教育・貧困・出産・虐待などの課題解決に取り組む団体を対象としている。第一期の公募では、対象を新型コロナウイルスの影響で困りごとを抱える家庭を支援する活動を行う団体に絞って実施した。

この基金に10億円を資金提供しているミクシィ 取締役会長の笠原健治氏は今回の助成先決定について次のように述べている。

「第一期1回目の支援団体の選考にあたり、申請いただいた各団体の皆さまと直接対話し、現場のニーズ、支援の方向性についてお聞きする機会を持てたことは、私にとってとても有意義な経験でした。特に新型コロナウイルスの影響を受けるご家庭のニーズは時々刻々と変わっていきます。今回お話した皆さまは、以前から地域密着で深い人間関係、信頼関係を築いているがゆえに拾えるニーズに応えており、また的確に動いておられる団体の皆さまであるという印象を強く受けました。こういった団体の皆さまの活動を後方支援することで、新型コロナウイルスの脅威が続く中でも、本当に必要な支援が継続的に行き届く仕組みが出来ればと願っています。『みてね基金』では、新型コロナウイルスにともなう課題、子どもとその家族に関わる課題の解決を継続的に行えるよう、今後も全力で支援してまいります。そして、すべての子どもやその家族が幸せに暮らせる世界の実現を目指していきます」

5月15日に応募を締め切った第一期2回目の公募に関しての助成先決定は6月19日に行われる。

第一期1回目の助成先に決定した団体は下記の通りです。(五十音順、アルファベット順、数字順)

次ページ ▶︎ | 難病・障がいを抱える子どもやその家族に対する支援

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ