賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

『ミナリ』/注目のインディペンデント系製作会社がタッグを組んだ韓国系移民の「家族愛」のかたち

兵頭頼明

2021/03/04

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

©︎2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

近年、見巧者の映画ファンから「この会社の映画は見なければならない」と厚い信頼を寄せられているプロダクション。それがアメリカのA24とPLAN Bである。

A24はニューヨークに拠点を置くインディペンデント系の会社で、映画の製作・出資・配給を手掛けている。

2013年ごろから良質の小品を公開し始め、16年度アカデミー賞で『ルーム』が主演女優賞、『AMY エイミー』が長編ドキュメンタリー賞、『エクス・マキナ』が視覚効果賞を受賞。17年度ではPLAN Bとの共同制作による『ムーンライト』が作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞している。

そのPLAN Bはハリウッドを代表するスター、ブラッド・ピットが所有する映画製作会社。04年ごろから活動を始め、『それでも夜は明ける』が13年度アカデミー賞作品賞、脚色賞、助演女優賞を受賞。ブラッド・ピットがエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねる『ムーンライト』は前述の通り大きな収穫となり、18年には『バイス』、19年には『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』等の佳品を発表している。

いまやA24とPLAN Bの名は、信頼できるブランドとして映画ファンに広く認知されるに至った。本作『ミナリ』は、この2社がタッグを組んで製作した話題作である。

舞台は1980年代のアメリカ南部、アーカンソー。物語は、韓国系移民のジェイコブ(スティーヴン・ユアン)が家族とともに引っ越してくるところから始まる。

ジェイコブは農業で成功することを夢見て、何もない荒れた土地とオンボロのトレーラーハウスを購入していた。新しい住まいと土地を見た妻のモニカ(ハン・イェリ)は憮然とするが、ジェイコブは「ここは土が良いんだ」とご機嫌で、長女のアンと末っ子のデビッドにも「大きな農園を作るぞ」と夢を語る始末。だが、家は心臓に病気を持つデビッドの病院から遠く、やがて不満が頂点に達したモニカとジェイコブは大喧嘩となる。

仲直りの条件として、モニカは母のスンジャ(ユン・ヨジョン)を韓国から呼び寄せ、子供たちの世話をしてもらうことにした。韓国で暮らしたことがないデビッドは、テレビドラマに登場するようなアメリカナイズされたおばあちゃんがやって来ると期待に胸を膨らませるが、初めて会ったスンジャはデビッドの想像と全く違っていた。とにかく騒がしくて毒舌。料理はできないし、字も読めない。

そんなスンジャがデビッドに教えた遊びは花札。二人はなかなか馴染めなかったが、ある出来事をきっかけに絆が深まってゆく。

その一方、ジェイコブは地元の変わり者ポール(ウィル・パットン)を雇い、農場の開拓を続ける。地下水が枯れ、資金繰りにも悩むが、何とか夢を実現させようと、モニカの心配をよそに突き進んでゆく。努力が実り、ようやく収穫物の購入先も決まるのだが、明るい兆しが見え始めた時、事件が起こる――。

アメリカが舞台と言っても、韓国系移民一家の物語なので、英語が聞こえてくる時間はごく僅か。ほとんどの台詞が韓国語という異色のアメリカ映画で、メジャー系会社が製作にGOサインを出すとは思えない企画である。良質の小品を製作し続けるA24とPLAN Bならではの作品といえるだろう。

ジェイコブはいわくつきで誰も買わない土地を開拓してひと山あて、子供たちに良いところを見せるとともに、自身のアメリカン・ドリームを実現させたい。単純とも言える極めて純粋な男で、どうにも危なっかしい。そんなジェイコブを支えるモニカは現実的でしっかり者。

アメリカン・ドリームの実現よりも、家族と共に生きるささやかな幸せが続けば良いと願っている。この二人の考えは多少食い違っているが、家族の幸せを願っている点では変わらない。

その願いはスンジャも同じだ。劇中、スンジャが説明するが、『ミナリ』とは香味野菜の芹(セリ)のこと。芹は地に根を張ってたくましく生きる野菜で、2度目の旬が最もおいしいと言われているそうだ。つまり、子供たちが幸せに生きるため、親の世代は懸命に生きるという意味が込められているのである。この風変わりなおばあちゃんスンジャの、何と魅力的なことか。

3月1日(現地時間2月28日)に発表されたゴールデングローブ賞で、本作は見事、外国語映画賞を受賞した。ゴールデングローブ賞はアカデミー賞の前哨戦と言われており、その結果はアカデミー賞の結果に大きな影響を及ぼす。英語の台詞が50%に達しなかったため、ゴールデングローブ賞の規定により作品賞の候補とはならなかったが、アカデミー賞には使用言語で作品を区分する規定はない。

昨年度のアカデミー賞では韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞と国際長編映画賞(それまでは外国語映画賞と称していた)をW受賞し、話題をさらった。

映画の国際化は加速度的に進んでいる。2年連続で“韓国語”映画が本家アメリカのアカデミー賞作品賞を受賞する可能性があるわけだが、もはや製作国や発声言語で作品を区別すること自体が意味の無いことなのかもしれない。

本年度アカデミー賞授賞式は日本時間4月26日である。その結果に注目したい。

『ミナリ』
監督・脚本:リー・アイザック・チョン
出演:スティーヴン・ユァン/ハン・イェリ/アラン・キム/ネイル・ケイト・チョー/ユン・ヨジョン/ウィル・パットン
配給:ギャガ
3月19日より公開
公式HP:https://gaga.ne.jp/minari/

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

映画評論家

1961年生まれ、宮崎県出身。早稲田大学政経学部卒業後、ニッポン放送に入社。本業の傍ら、映画評論活動を行う。2006年から映画専門誌『日本映画navi』(産経新聞出版)にコラム「兵頭頼明のこだわり指定席」を連載中。

ページのトップへ

ウチコミ!