賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

初期費用を抑えよう!賃貸仲介料無料の仕組みとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
FREE

物件を借りるときに気になるのはコスト、特にまとまった金額が必要になる初期費用は大きい……。そんなとき、賃貸仲介料無料の物件ならコストを抑えられてうれしいですよね。ここでは、大家さんと直接取引できる物件の仲介料が無料になる仕組みについてご紹介します。

そもそも賃貸仲介料って?

物件を借りる際に「賃貸仲介料」という言葉を聞くものの、その実態や中身について詳しく知る方は多くないのではないでしょうか。賃貸仲介料とは、賃貸の際に不動産仲介業者に対して支払うお金のことです。家賃の1か月分くらいが相場になります。物件の紹介、賃貸借契約書の作成、審査業務、物件の引き渡し業務など、物件選びから契約まで全ての業務の料金が含まれます。こうした面倒な作業を代理してもらうサービス料というわけです。なお、賃貸仲介料はあくまで成功報酬のため、契約が不成立、無効となった場合には支払う必要がありません。

賃貸仲介料を払わなくてもいいのはなぜ?

貯金箱

物件の「取引態様」つまり貸主の立場によって、賃貸仲介料を払わなくてすむことがあります。賃貸仲介料を支払う必要があるかどうかは、貸主の立場によって決まるのです。大きく以下の3パターンがあります。

  • 貸主
    個人や不動産会社が自ら所有している土地や建物の賃借にあたります。大家さんと直接取引をして契約を結ぶのも、このパターンです。仲介業者を通さずに貸主と直接契約を結ぶため、賃貸仲介料を支払う必要はありません。こうした物件を「貸主物件」と呼ぶこともあります。
  • 代理
    貸主の代理人であることを意味します。原則的に賃貸仲介料が必要です。しかし、貸主との取り決めによって不要な場合もあります。
  • 仲介
    大手をはじめとした不動産会社に物件を紹介してもらうパターンです。貸主と借主の間に立って取引を行うので、基本的に賃貸仲介料が発生します。しかし、最近では賃貸仲介料無料、割引の業者も増えています。

先述の通り、大家さんと直接取引をすれば賃貸仲介料はかかりません。手数料がかからないだけでなく、その物件についてより詳しい情報を聞くことができたり、間に人を挟まないことで契約の流れ自体もスムーズになることでしょう。住んでいる最中に発生した悩みを相談することもしやすくなりますね。少しでも初期費用を抑えたいなら、そういった大家さん直結物件を探してみるのも良い方法なのではないでしょうか?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!